【Tinder】アムウェイの勧誘の特徴と見分け方。実際に騙されかけた経験も紹介。

Tinder マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「Tinderではアムウェイの勧誘が多いの?騙されないように特徴や見分け方を知りたい・・・!」

今回はそんなお悩みを解決する記事です!

<Tinderみたいなおすすめアプリ>
Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
popo(ポポ)(ios):男女共に基本無料で使える、アバターで出会えるマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

Tinderはアムウェイが多い?

Tinder

「Tinderでマッチした相手からスポーツに誘われたけど、アムウェイやネットワークビジネスじゃないか心配・・・。」

そんな風なお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。Tinderでは、男性も無料で使える上、同性同士のマッチングもできるという特徴から、アムウェイやネットワークビジネスの勧誘目的のユーザーが多くいるので注意が必要です。

実際に自分もTinderを始めたばかりの頃、ネットワークビジネスに騙されかけた経験があります・・・。「自分はそんなものに騙されるわけがない。」と思っていたのですが、相手がどういった勧誘方法で騙そうとしてくるのか知識がなかったので、危うく騙されかけたのです。

↓こちらの記事で、具体的にどんなかんじで騙されたかの体験談を紹介しています。よければ参考にしてみてください。

関連記事:Tinderでマルチ・ネットワークビジネスに騙された話。社会人サークルやスポーツの誘いは怪しい。

今回の記事では、Tinderにいるアムウェイの特徴、そして見分け方について解説していきます。

アムウェイの特徴と見分け方

まず、前提として解説しておくと、Tinderにいるネットワークビジネスの勧誘すべてがアムウェイというわけではありません。ネットワークビジネスの中でも会員数が多く、よく見かけるのがアムウェイの勧誘という感じですね。

アムウェイ以外にも、Tinderでは投資詐欺や副業勧誘など危険な勧誘が多く行われています。これらの勧誘も基本的にはアムウェイと似たような流れで勧誘が行われるので注意しておきましょう。

プロフィールの特徴

ここからは、Tinderにいるアムウェイ・ネットワークビジネス勧誘の特徴をプロフィールとメッセージそれぞれのポイントで解説していきます。

プロフィールの特徴としては、↓下記のようなものが挙げられます。一見普通のユーザーのようにも見えるので注意が必要ですね。

・プロフィールでバーベキューやスポーツが好きなのを強くアピールしている。
・副業や在宅勤務、ビジネスなどのキーワードをプロフィールに散りばめている。
・彼氏持ち、彼女持ちであることをプロフィールに書いてある。
・飲みやスポーツをする社会人サークルに入っていることを記載している。
・美容や健康に関するセミナーのことをプロフィールに記載している。

これらの特徴がある場合は、アムウェイなどの勧誘である可能性が高いです。ただ、もちろん本当にバーベキューやスポーツが好きなだけの人なども多いので、あくまでプロフィールは参考程度にしてみてください。

↓実際に自分が騙されかけた相手も、こんな感じの普通っぽいプロフィールでした。プロフィールだけで相手を見分けるのは難しいので、次に紹介するメッセージの特徴も意識してみてください。

メッセージの特徴

ここからは、アムウェイの勧誘のメッセージの特徴を紹介していきます。

・マッチ後すぐに飲み会やサークルのイベント・セミナーに誘おうとしてくる。
・男性の場合、相手は女性なのになぜか自分に食いつきがよく、積極的に会おうとしてくる。
・仕事や美容、収入や夢に関する不満や将来についての話をしようとしてくる。

実際のメッセージとしては、↓こんな感じで飲み会やセミナーなどに参加させようとしてきます。

飲み会等に誘うこと自体は普通かとは思うのですが、勧誘目的の方は話の流れを一方的に作って会おうとしてくるのが特徴です。

そして、断りにくい誘い方で会おうとしてきます。例えばですが、女性に対して「美容について関心あったりする?」と聞くと、大抵の方は「関心はあります。」と答えますよね。関心があると言ってしまうと、「それじゃあ、今度美容をみんなで学ぶセミナーがあるから参加しない?」と勧誘され、そこからアムウェイ等の会員にならないかと徐々に話を進められるのです。

ネットワークビジネスに騙されないためには

最後に、アムウェイ等のネットワークビジネスに騙されないための方法について解説していきます。アムウェイに騙されないためには、↓これらのポイントを意識しておきましょう。

・怪しい勧誘は無視か断る。

・勧誘された場合、「商品の販売目的であることを隠しての勧誘は違法」だと伝えて反応を伺う。

・勧誘目的のユーザーが少ないマッチングアプリ選びをする。

まずは、相手が何か怪しい勧誘をしようとしてきていると感じた場合、実際に会う前に断るか、連絡を無視するようにしましょう。一度会ってしまうと、何度も連絡が来るようになりますし、それっぽいことを言われて騙されてしまう可能性も高いです。

また、本来は「何かの商品を販売する目的であることを隠して、イベントやセミナーに勧誘する行為」は違法です。本当にいい商品を販売しているのであれば、マッチングアプリで勧誘するよりもWEBやSNSでプロモーションをした方が効率よく売れるはずです。それをせずに人を騙して稼ごうとするのはビジネスモデルがおかしいです。

もし、相手にしつこい勧誘をされた場合は、そのことを相手に伝え様子を伺いましょう。相手も捕まる可能性があるわけなので、勧誘をやめて姿を消すはずです。

最後に、Tinderは男性も無料で使えたり、同性同士でもマッチできたりと、アムウェイやネットワークビジネスの会員が勧誘に使いやすい仕組みに残念ながらなってしまっています。もし騙されたくない場合は、他のマッチングアプリを使ってみるのもオススメです。

バチェラーデートはAIを活用してデートをセッティングしてくれる新しい恋活・婚活アプリです。メッセージのやりとりが面倒だったり、まずは相手とデートしてみたい!という方におすすめです。アプリは審査制のためネットワークビジネスの方とは出会いにくい仕組みになっています。

ハイスペックなユーザーが多く登録しており、男女ともに週一回のデート保障もあるので、他のマッチングアプリでは魅力的な相手と出会えなかったという方はぜひ試してみてください。

バチェラーデートの無料会員登録はこちら。

pairs(ペアーズ)は、国内最大級のユーザー数を誇る恋活・婚活アプリです。Tinderと比べると、真面目な恋活・婚活ユーザーが多いため、ネットワークビジネスの勧誘はほぼ見かけません。

「業者やネットワークビジネスには騙されたくない・・・!」というマッチングアプリ初心者の方は、まずはペアーズから試してみることをオススメします。

pairs(ペアーズ)の無料インストールはこちら。

まとめ

というわけで今回の記事では、Tinderにいるアムウェイ会員の特徴と見分け方について解説していきました。スポーツやイベントなどへの勧誘をされた場合は、一度相手を疑ってみるように習慣づけましょう!