【Tinder】年齢認証が怖い・・・!実際に認証してみた結果。

Tinder マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「Tinderで年齢認証をするのが怖い・・・!本当に年齢認証を進めても大丈夫なの?」

今回はそんなお悩みを解決する記事です!

<Tinderみたいなおすすめアプリ>
Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
popo(ポポ)(ios):男女共に基本無料で使える、アバターで出会えるマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

Tinderで年齢認証をするのが怖い・・・!

Tinder

Tinder等のマッチングアプリでは、相手とマッチしたあと、メッセージのやり取りをするために年齢認証が必要となっています。

未成年が間違って使わないために年齢認証が必要だというのは分かるのですが、Tinderに運転免許証やマイナンバー等の写真を送るのってちょっと不安で怖いですよね・・・。

Tinderは遊び目的のマッチングアプリというイメージも強いので、何かあって知り合いなどにバレてしまったり、情報流出などが起きてしまう可能性を考えると不安にもなってしまいます。

SNSの声

実際にSNSを調べてみると、↓こんな感じでTinderの年齢認証を嫌がる方は多くいました。

・Tinderって年齢認証いるんだ・・・。そこまでして登録したくはないな。

・Tinderの年齢認証で運転免許証をアップしろとか出るけど信用ならないよ。

・Tinderの年齢認証が面倒くさすぎて放置している。

やはり、Tinderだからこそ運転免許証などの写真を送るのは嫌だという意見が多く見られました。

実際に年齢認証してみた結果

自分の場合も、Tinderで年齢認証をするのは嫌でしたが、そのままではメッセージのやりとりができないので仕方がなく運転免許証の写真を送ってみました。

写真を送ると、問題なく年齢認証は完了。

今のところは特に情報流出されたような出来事は起こっていません。知り合いにもバレてはいなさそうです。

Tinderはマッチングアプリ業界では大手のサービスなので、1度登録さえしてしまえば特に問題が起こることは無いかと思います。それでも年齢認証が怖いという方は、日本の安心できるマッチングアプリを利用するようにしましょう。

安心して年齢認証できるマッチングアプリ

というわけでここからは、安心して年齢認証をすることができるマッチングアプリを紹介していきます。

pairs(ペアーズ)は、国内最大級のユーザー数を誇る恋活・婚活アプリです。国内で最大手のサービスなので、マッチングアプリ初心者の方も安心して登録ができるのではないかと思います。

また、ペアーズは真剣な恋活・婚活ユーザーが多く、マッチングアプリ初心者の方はまずはペアーズから試してみることをオススメします。

pairs(ペアーズ)の無料インストールはこちら。

ゼクシィ縁結びは、リクルートのゼクシィが運営する婚活アプリです。ゼクシィのブランド効果もあり、真面目な交際を求める結婚適齢期のユーザーが多いのが特徴です。

国内大手企業のリクルートが運営するマッチングアプリなので、信頼して年齢認証ができるのではないかと思います。

ゼクシィ縁結びの無料インストールはこちら!

まとめ

というわけで今回の記事では、Tinderで年齢認証が怖い方向けに、実際に認証をしてみた結果を紹介させていただきました。もしTinderへの登録が不安な方は、他のマッチングアプリを試してみることをオススメします。