【Tinder】スマートフォトはオフにするべき?メリット・デメリットを解説。

Tinder マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「Tinderでスマートフォトはオフにするべき?メリット・デメリットを知りたい・・・!」

今回はそんなお悩みを解決する記事です!

<Tinderみたいなおすすめアプリ>
Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
popo(ポポ)(ios):男女共に基本無料で使える、アバターで出会えるマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

Tinderのスマートフォトとは?

Tinder

Tinderでは、プロフィール写真の設定で「スマートフォト」という設定がオン・オフにできるのはご存知でしょうか。

スマートフォトは、プロフィールの編集画面で設定することができ、オンにすると自動的に登録してある写真の中から人気のものが一番最初に表示されるようになります。

例えばですが、自分の顔が分かる写真を複数枚載せておくと、その中で一番見られているものが最初に表示されるようになり、マッチする可能性が高くなるというわけですね。

スマートフォトはオフにするべき?

そんなスマートフォトですが、オンにしたほうがいいのかオフにした方がいいのか迷われている方も多いのではないでしょうか。

スマートフォトをオンにすると、自動でマッチしやすいプロフィール写真を選んでくれる一方で、自分自身ではどのプロフィール写真がいいのか分からないというデメリットもあります。また、プロフィール写真の順番が勝手に変えられてしまうので、自分のアピールしたい写真があまり見られない可能性もあります。

例えばですが、犬が好きな人同士でマッチしたいと考えて犬と一緒に写っている写真を載せていたとしても、スマートフォトだとその写真が後ろの方になってしまってアピールに繋がらないなんていうこともありえます。

もし、積極的にアピールしたい写真があるばあいはスマートフォトはオフにして、自分で写真の順番を決めるようにしましょう。

Tinderみたいなおすすめマッチングアプリ

というわけで今回の記事では、Tinderのスマートフォトはオフにするべきかについて解説していきました。

「Tinderを使っているけれど、なかなか魅力的な相手と出会えない…!」という方は、並行して他のマッチングアプリも使ってみることをオススメします。

バチェラーデートはAIを活用してデートをセッティングしてくれる新しい恋活・婚活アプリです。メッセージのやりとりが面倒だったり、まずは相手とデートしてみたい!という方におすすめです。

ハイスペックなユーザーが多く登録しており、男女ともに週一回のデート保障もあるので、Tinderでは魅力的な相手と出会えなかったという方はぜひ試してみてください。

バチェラーデートの無料会員登録はこちら。

popo(ios)は、アバターの姿で異性とマッチできる新しいマッチングアプリです。

機能としては普通のマッチングアプリと同じような感じですが、顔写真などを載せずにアバターの姿で相手とマッチできるような仕組みになっています。外見に自信がない方にもおすすめです。

Tinder同様、男女共に基本無料で利用できる珍しいアプリなので、まずは気軽にインストールしてみてください。

popo(ios)の無料インストールはこちら!