【Tinder】シャドウバンとは?確認方法と対策方法について解説!

Tinder マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「Tinderでのシャドウバンってどんな状態?確認方法や対策方法はあるの?」

今回は、そんなお悩みを解決する記事です!

<Tinderみたいなおすすめアプリ>
Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
バチェラーデート :AIを使った異性と確実に出会えるマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

Tinderでのシャドウバンとは?

「シャドウバン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

シャドウバンとは、「アカウントの利用停止にはなっていないけれど、他の人からは自分のアカウントがスワイプ画面で表示されていない」というような状態のことです。ちなみに、シャドウバンという言葉はTinder以外でもよく使われたりします。

TwitterやInstagram等のSNSにも、シャドウバンと呼ばれる状態はあって、その場合も同じようにSNS内の検索画面などでアカウントの露出が制限されたりするんですよね。

シャドウバンになってしまう原因

そしてシャドウバンは、アカBANの一歩手前の状態とも言われています。利用停止まではいかないけれど、運営から使える機能をこっそり制限されているような状態ですね。ピンチ。

シャドウバンになってしまう原因としては、↓このようなものが考えられます。

・マッチした相手に通報されてしまった。

・マッチした相手をむやみやたらに通報していた。

・利用規約を違反するプロフィール写真や文章を使ってしまった。

・自動スワイプツールなど不正なツールを利用してしまった。

心当たりがあまりなくても、気づかないうちに誰かに通報されていて、アカウントがシャドウバン状態になってしまうことはありえます。シャドウバン状態だと、いくらスワイプしても課金しても相手とマッチできなかったりするので、はやめに状況に気づいて対策をしていく必要があります。

ちなみに、シャドウバンになった状態にもかかわらず、他の相手から通報されてしまったり、利用規約を違反するような行動をしてしまった場合は、本当にアカウントの利用停止処分になってしまう可能性が高いです。

もし、アカウントの利用停止になってしまった場合は、↓こちらの関連記事を参考にしてみてください。

関連記事:【Tinder】アカウントの利用停止から実際に復活できた方法を解説。【垢BAN】

シャドウバンの症状と確認方法

ここからは、具体的にシャドウバンになるとでてくる症状と、シャドウバンかどうかの確認方法について解説していきます。

シャドウバンの症状

実際のシャドウバンの症状は↓こんな感じです。

・マッチ率がある日から突然下がってしまう。

・急に距離の近いユーザーがスワイプ画面に出てこなくなる。

・ハートが貯まっているのに、なぜか右スワイプができない。

・時間がどれだけ経っても、ハートが貯まらない。

・既にマッチしている相手とはメッセージができる。

もしも、このような症状に心当たりがある場合は、アカウントをシャドウバンされてしまっている可能性があります。

ただし、単純にたまたまマッチできる相手がいなくなったり、バグでアプリがうまく動いていない可能性もあるので、これから紹介するシャドウバンの確認方法をまずは試してみてください。

シャドウバンの確認方法

では、ここからはシャドウバンの確認方法について具体的に解説していきます。

・アプリや端末を再起動して、スワイプなどをテストしてみる。

・別の端末やブラウザからログインしてみて、スワイプなどをテストしてみる。

・プロフィールを最近変更した場合、もとのプロフィールに戻してマッチ率に変化があるか確認する。

・マッチしたい相手の年齢や距離などの範囲を広げて、マッチ率に変化があるか確認する。

・しばらくアカウントを放置してみて、その後症状が改善されているか確認する。

これらの確認方法を一通り試してみて、それでも症状が改善されない場合はアカウントがシャドウバンになってしまっている可能性が高いです。もし改善された場合は、ただアプリが重たかったり、アカウントの設定ミスだったりが原因というワケです。

シャドウバンの対策方法

ではここから最後に、シャドウバンの対策方法について解説していきます。
ですが、シャドウバンに1度なってしまった場合は、アカウントの利用停止一歩手前なのわけなので、しばらく時間を置いて待っておく以外の方法は基本的にありません。

シャドウバンされている期間中は、Tinder以外のマッチングアプリを使ってしばらく待ってみることをおすすめします。もちろん、併用でOKです。

バチェラーデートはAIを活用してデートをセッティングしてくれる新しい恋活・婚活アプリです。メッセージのやりとりが面倒だったり、まずは相手とデートしてみたい!という方におすすめです。

ハイスペックなユーザーが多く登録しており、男女ともに週一回のデート保障もあるので、Tinderでは魅力的な相手と出会えなかったという方はぜひ試してみてください。

バチェラーデートの無料会員登録はこちら。

恋庭は、「ゲームしてたら、恋人ができた。」がコンセプトのゲーム型マッチングアプリです。

農作物の育成やアバターの着せ替え等のゲーム要素を楽しみながら、マッチした相手とのコミュニケーションが楽しめるようになっています。Tinder同様に男女無料で使えるマッチングアプリなのでオススメです。

恋庭の無料インストールはこちら!

ゼクシィ縁結びは、リクルートのゼクシィが運営する婚活アプリです。ゼクシィのブランド効果もあり、真面目な交際を求める結婚適齢期のユーザーが多いのが特徴です。

他のマッチングアプリとは違い、女性もマッチング後は課金が必要となっている分、真剣な相手と出会いやすくなっています。

ゼクシィ縁結びの無料インストールはこちら!

まとめ

というわけで今回は、Tinderでのシャドウバンの症状と、その対策方法について解説させていただきました。シャドウバンは、実際になってもなかなか自分では気づけないので、今回の内容をもとに自己診断していただけたらと思います。