JTCはぬるま湯なのか?SNSの声を調査してみた。

転職

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活や転職などに関する記事・レポを更新しています!

「JTCってぬるま湯なの?みんなの意見を知りたい・・・!」

今回はそんなお悩みを解決する記事です!

第二新卒や20代での転職には、第二新卒エージェントneoがオススメです。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

JTCはぬるま湯なのか

最近、Twitter等でJTCという言葉をよく聞きますよね。「JTC」は「Japanese Traditional Company」の略で、日本の伝統的な大企業のことです。JTCは良くも悪くも古臭い部分があり、ぬるま湯な環境でキャリア形成には向いていないというイメージがある方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、JTCは本当にぬるま湯なのか、JTCからは転職をするべきなのか、SNSの声をもとに考えていきます。

SNSの声

早速ですが、SNSでJTCについての意見を調査してみたところ、↓こんな感じの意見が見られました。

・22歳で転職出来て良かった・・・。JTCのぬるま湯に浸って25歳で転職をしようとしても無能で恥さらしにしかなってなかったな。

・安定した生活と家族との時間を大切にしたいなら、自分の市場価値を考えずにJTCのぬるま湯で高給を享受すればいいし、スキルを身につけて働きたいならコンサルやベンチャーで働けばいい。

・JTCのぬるま湯に10年も浸かるともう一生ハードに働くことは叶わなそう。

・正直、コンサルに転職するのが怖い。JTCのぬるま湯に浸かり続けたい自分がいる。でも、将来独立を考えるなら今のままだとダメなんだよね・・・。

・ぬるま湯に浸かりたくてJTCに転職したのに、前職より残業が三倍くらいになったし全然ぬるま湯じゃない。ただ、ゆるく働いている人は確実に存在して、自分はそういう人たちのために採用されたのかもしれない・・・。

JTCがぬるま湯かどうかについては、入社した企業や部署によっても変わってくるようですね。JTCに転職したのに、全然ぬるま湯じゃないと嘆いている方もいらっしゃいました。

一方で、やはり現在JTCに勤めているという方は、自分のキャリアや将来に不安を持ち転職活動を進めている方も多いようです。

自分自身の人生設計や理想のキャリアを一度整理してみて、自分はJTCに合っていないと感じるのであれば転職を検討するのも良いかと思います。

おすすめの転職サービス

というわけで今回の記事では、JTCはぬるま湯なのかについてSNSの声をもとに解説させていただきました。今後のキャリアに不安がある方は、転職サイトに登録して自分自身にどういう求人がくるのかを一度試してみることをオススメします。

第二新卒エージェントneoは、20代や第二新卒の方向けの転職支援サービスです。「新卒ではJTCに入社したけど、今後のキャリアに不安がある・・・。」という方は、一度キャリア相談をしてみて今後について考えてみるのもアリだと思います。

第二新卒エージェントneoの無料登録はこちら!