LINE交換が危険なのはなぜ?実体験から解説!

恋活・出会い

はじめまして「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「LINE交換をするのが危険だと言われるのはなぜ?理由を知りたい・・・!」

今回はそんなお悩みを解決する記事です!

<出会いにおすすめなマッチングアプリ>
Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
恋庭:男女共に基本無料で使える、ゲーム×出会いの新しいマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

LINE交換が危険なのはなぜ?

SNSやニュースなどで「知らない誰かとLINE交換をするのは危険だ!」という意見を聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

ですが、「LINE交換をしてしまっても、変な相手だったらブロックをすればいいだけだから、危険ではないのでは?」と考えている方も多いのではないかと思います。

今回の記事では、LINE交換がなぜ危険なのか、実体験をもとに解説していきます。LINE交換自体はもちろん悪いことではないのですが、LINE交換をすることのリスクについてはしっかりと理解をしておきましょう。

自分の本名がバレる。

まず、LINE交換をしてしまうと、多くの場合は自分の本名がバレてしまいます。LINEのニックネームは本名で設定している人が多いですからね。

自分の本名がバレてしまうと、その情報をもとに職場や年齢、住んでいる場所などの個人情報が相手に知られてしまう可能性があります。職場で公開している情報やSNSの情報、通っている学校などの情報など、様々な情報が本名と紐づいている人は多いので注意しておきましょう。

これらの個人情報が相手に知られてしまうと、ストーカー被害などにあってしまう可能性もないとは言い切れません。

怪しいサイトに誘導される。

次に、LINE交換をした相手から怪しいサイト等に誘導され、サイトにアクセスすると高額の請求がきたり、スマートフォンがウイルスに感染したりしてしまう可能性があります。

LINE交換をしただけではこういった被害にあうことは基本的にありませんが、そこから別のURLにアクセスした場合は様々なリスクがあるので注意が必要です。怪しい相手がLINEを使って変なサイト等に誘導してくる場合は、被害にあう前にブロックしておきましょう。

↓こちらの記事では、LINE交換で怪しい業者を見分ける方法について解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

関連記事:LINE交換で業者を見分ける方法。実体験から解説!

知らない人と出会うことになるかもしれない。

最後に、もしSNSやインターネットを通じて知らない人とLINE交換をした場合は、その人と話の流れで会ってしまうこと自体が危険だとも言えます。

もちろん、SNSやインターネットに悪い人ばかりがいるわけではないですが、自分を騙そうとして来たり、危険な目に合わそうとしてくる相手も一定数いるということは理解しておくべきです。

まとめ

というわけで今回の記事では、LINE交換がなぜ危険なのかについて、実体験をもとに解説させていただきました。

「SNSやマッチングアプリ等を使っているけれど、なかなか魅力的な相手と出会えない・・・!」という方は、安心して使えるマッチングアプリを試してみるのもオススメです。

Pairs ペアーズ

pairs(ペアーズ)は、国内最大級のマッチングアプリです。ユーザー数が多いため、自分と合った異性と出会いやすいのが特徴です。

また、位置情報を使って異性と出会うことも可能です!10km以内の相手に絞って検索ができます。男性でも無料で使える機能が充実しているのもうれしいですね。

pairs(ペアーズ)の無料インストールはこちら!

ゼクシィ縁結びは、リクルートのゼクシィが運営する婚活アプリです。ゼクシィのブランド効果もあり、真面目な交際を求める結婚適齢期のユーザーが多いのが特徴です。

他のマッチングアプリとは違い、女性もマッチング後は課金が必要となっている分、真剣な相手と出会いやすくなっています。

ゼクシィ縁結びの無料インストールはこちら!

どのマッチングアプリも男女ともに会員登録は無料なので、まずはぜひ登録してみてください。