マッチングアプリの「友達になりたい」はどういう意味?

マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「マッチングアプリで相手に友達になりたいと言われた・・・!これはどう解釈すればいいの?」

今回はそんなお悩みを解決する記事です!

<恋愛におすすめのマッチングアプリ>

Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
popo(ポポ)(ios):男女共に基本無料で使える、アバターで出会えるマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

マッチングアプリで友達になりたいと言われた!

マッチングアプリで会った相手から「友達になりたい・・・!」と言われることってあったりしますよね。

友達になりたいと言われても、「え、友達になりたいってどういう意味なんだろう・・・?」と思いますよね。もしかしたら、友達止まりの関係性なのかもと不安にもなりますよね。

今回の記事では、マッチングアプリでの「友達になりたい」という言葉について、どういった意味なのかについて解説していきます。

友達になりたいはどういう意味?

「友達になりたい」という言葉は、相手との関係性やシチュエーションによって様々な意味で使える言葉になっています。例えばですが、↓このような意味が考えられます。

・恋愛対象としては見ておらず、友達として仲良くしてほしい。

・まずは友達として仲良くして、相性が良かったら交際も考えたい。

・付き合ったりもしたいが、いきなりは嫌がられそうなのでまずは友達になりたい。

・今後も遊びたいという意味で、あまり深くは考えていない。

こんなかんじで、「友達になりたい」という言葉はポジティブにもネガティブにも使えますね。

ただ多くの場合、やはりまだ交際までは考えられていない可能性が高いかと思います。相手が気になる場合は、まずは友達として仲良くして関係性の進展を目指していきましょう・・・!

まとめ

というわけで今回の記事では、マッチングアプリでの「友達になりたい」という言葉について解説をしていきました。

「マッチングアプリを使っているけれど、なかなか魅力的な相手と出会えない・・・!」という方は、複数のマッチングアプリを併用してみることをオススメします。

バチェラーデートはAIを活用してデートをセッティングしてくれる新しい恋活・婚活アプリです。メッセージのやりとりが面倒だったり、まずは相手とデートしてみたい!という方におすすめです。

ハイスペックなユーザーが多く登録しており、男女ともに週一回のデート保障もあるので、他のマッチングアプリでは魅力的な相手と出会えなかったという方はぜひ試してみてください。

バチェラーデートの無料会員登録はこちら。

ゼクシィ縁結びは、リクルートのゼクシィが運営する婚活アプリです。ゼクシィのブランド効果もあり、真面目な交際を求める結婚適齢期のユーザーが多いのが特徴です。

「他のマッチングアプリではなかなか真剣な相手と出会えなかった・・・!」という方にはかなりオススメです。

ゼクシィ縁結びの無料インストールはこちら!