マッチングアプリで高学歴はどこから?基準について解説!

マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「マッチングアプリで高学歴はどこから?具体的に知りたい・・・!」

今回はそんなお悩みを解決する記事です!

<高学歴な相手と出会いやすいマッチングアプリ>
Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
バチェラーデート :AIを使った異性と確実に出会えるマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

マッチングアプリで高学歴はどこから?

マッチングアプリを使っていると、「高学歴の人がいい!」と考えている人も多く見かけますよね。マッチングアプリでは高学歴の方がモテるみたいな話もよく聞いたりします。

ですが、高学歴っていったいどこからなのでしょうか。「MARCHは高学歴・・・?日東駒専は高学歴・・・?」基準が曖昧なので、よく分からないですよね。

今回の記事では、マッチングアプリにおける高学歴はどこからなのかについて考えていきます。

高学歴の基準とは?

高学歴とは、基本的に大学での学歴のことで、偏差値が高い大学に通っていた人のことを高学歴と呼びます。もちろん、同じ大学でも理系か文系かであったり、学部ごとに偏差値は変わってくるので、正確には大学名だけでは判断はできません。

定義から考えると、大学の中でも上位(偏差値50以上)の学歴であれば、高学歴と言うことは可能かと思います。

具体的には、東大・京大や、慶応・早稲田、国立大学、MARCH・関関同立などの学歴があれば、一般的に見れば高学歴と言えるかと思います。

微妙なラインなのが、日東駒専産近甲龍と呼ばれる大学群ですね。偏差値は55くらいだったりするので、平均よりは勉強ができる層ですが、「高学歴ではないんじゃない・・・?」と感じる人が多い学歴かと思います。

少なくとも、マッチングアプリにおいて日東駒専や産近甲龍の大学を出ていたからと言って、高学歴だと持て囃されたり、マッチング率が上がったりすることはあまりないでしょう。残念ながら。

もちろん、東大や京大の人にとっては、MARCHや関関同立は高学歴だと感じないかもしれませんし、高学歴かどうかの基準は相手の学歴や周りの環境によっても大きく変わってきます。大学を卒業してからは、今の職業や年収などの方が恋活・婚活には重要な要素なので、あまり学歴にこだわりすぎる必要はないかと思います。

ハイスペックな相手と出会いやすいマッチングアプリ

というわけで今回の記事では、マッチングアプリで高学歴はどこからなのかについて解説させていただきました。あくまで基準は人それぞれなのですが、一般的にはMARCHや関関同立以上の偏差値がある大学や学部のことだと言えるかと思います。

「マッチングアプリを使っているけれど、なかなか魅力的な相手と出会えない・・・!」という方は、併用して他のマッチングアプリを試してみるのもオススメです。

バチェラーデートはAIを活用して相手を探さずにデートをセッティングしてくれる新しい恋活・婚活アプリです。メッセージのやりとりなしで、男女共に週一回確実に出会えるような仕様になっています。

ハイスペックな男女が多く登録しており、魅力的な相手と出会いたい方にはオススメなアプリです。

バチェラーデートの無料会員登録はこちら。

ゼクシィ縁結びは、リクルートのゼクシィが運営する婚活アプリです。ゼクシィのブランド効果もあり、真面目な交際を求める結婚適齢期のユーザーが多いのが特徴です。

「他のマッチングアプリではなかなか真剣な相手と出会えなかった・・・!」という方にはオススメなアプリです。

ゼクシィ縁結びの無料インストールはこちら!