【Tinder】ドタキャンしてくる男が多い!特徴と見分け方を解説。

Tinder マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「Tinderを使っていると、なぜかドタキャンしてくる男が多い・・・!ドタキャンする男の特徴や見分け方、ドタキャンの対策方法について知りたい・・・!」

今回はそんなお悩みを解決する記事です!

<Tinderみたいなおすすめアプリ>
Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
popo(ポポ)(ios):男女共に基本無料で使える、アバターで出会えるマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

Tinderはドタキャンしてくる男が多い!

Tinder

Tinderを使っていると、他のマッチングアプリより男性にドタキャンされることが多いと感じませんか?普通、女性側がドタキャンされることはあまり多くありませんが、なぜかTinderでは男性の方からドタキャンをするようなケースがよくあります。

SNSを調査してみると、↓こんな感じの意見が見られました。

・Tinderの男、仕事が伸びたって言ってドタキャンしやがった!

・Tinderで男にドタキャンされたけど、すぐに他の男を探したらなんとかなった。

・連絡に気付かなかったとか言われてドタキャンされたけど、ほんとかな・・・。

Tinderの男にドタキャンされて嫌な思いをしている女性は意外と多いようですね。

今回の記事では、Tinderでドタキャンをしてくる男の特徴や見分け方について解説していきます。

ドタキャンする男の特徴と見分け方

Tinderでドタキャンをしてくるような男の特徴としては↓このようなものが挙げられます。

・プロフィール写真やプロフィール文章が雑。

・会う当日や前日に連絡が取れなくなる。

・お互いの距離がかなり遠い。

よくあるパターンとして、相手と前日や当日に連絡が取れなくなる場合はドタキャンされてしまう可能性が高いです。また、お互いの距離が遠い場合、実際に会うのが面倒になってドタキャンされてしまうケースもよくあります。

また、プロフィール写真が拾い画の男性は、実際に会うことは避けるケースがよくあります。↓こちらの記事では、相手の使っている写真が拾い画かどうかを調べる方法について解説しているので参考にしてみてください。

関連記事:【マッチングアプリ】プロフ写真が拾い画かどうか調べる方法。

ドタキャン対策をする方法

最後に、Tinderでのドタキャン対策について解説しています。Tinderでできるドタキャン対策としては↓こんな感じでしょうか。

会う前にLINE交換をしておく

顔写真交換をしておく。

前日にリマインドの連絡をしておく。

デート特化型のマッチングアプリを使う。

対策方法としては地味ですが、会う前にLINE交換をしておいたり、顔写真を交換しておくのは効果的です。あとは、会う当日だけではなく前日にはリマインドの連絡をしておき、明日は問題なく会えそうか確認しておくことも大事です。

また、最近はデートに特化したマッチングアプリが登場してきているので、そのようなサービスを利用するのもアリかと思います。

Dine(ダイン)は、メッセージのやり取りなしで異性とすぐに出会える新しいマッチングアプリです。

お店選びも予約もアプリ内でできるなど、デートに特化したマッチングアプリになっています。ドタキャンをしたユーザーは強制退会させられるので、信頼できるユーザーしか使えないようになっています。

Dine(ダイン)の無料インストールはこちら!

バチェラーデートはAIを活用してデートをセッティングしてくれる新しい恋活・婚活アプリです。メッセージのやりとりが面倒だったり、まずは相手とデートしてみたい!という方におすすめです。

アプリへの登録は審査制となっており、ドタキャンをするようなユーザーは利用停止になるような仕組みになっています。

バチェラーデートの無料会員登録はこちら。

まとめ

というわけで今回の記事では、Tinderでドタキャンをする男性の特徴と見分け方、そしてドタキャンの対策方法について解説していきました。少しでも参考になれば幸いです。