【男女別】非モテのこじらせ方と対策方法まとめてみた。

恋活・出会い

はじめまして!「もん」といいます。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています。

【今回の記事の要約】

・SNS等を見ていると、非モテで悩んでいる方は男女ともに一定数いる。
・非モテ期間が続くと、男女ともに非モテをこじらせてしまう可能性はある。
・非モテをこじらせると、最悪の場合人を傷つけるような言動をしてしまうので注意。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

非モテとは?

非モテという言葉を聞いたことはあるでしょうか?
非モテとは、名前のとおり「モテモテで非ず」な状態のことです。非モテ=見た目がよくない というわけではなく、様々な理由でモテない状態になってしまっている人のことを指します。異性と喋るとすごく緊張してしまうとか、異性との出会いがないとか、そういった人も非モテになったりします。

そして、非モテは男女どちらにも使われる言葉です。SNS等を見ていると、男女ともに非モテで悩んでいる方は多いようですね。

さらに、「非モテ」の期間が長いと、男女ともに「非モテをこじらせた」状態になってしまう可能性があります。非モテをこじらせると、異性を敵視したり、人間扱いできなくなったりして、他の人に迷惑をかけることすらあります。

今回は、男女別に非モテのこじらせ方の例とこじらせないための対策方法について紹介していきます。

非モテ女性のこじらせ方

・モテないのは自分が悪いのではなく、社会や男性が悪いと考えるようになる。

・非モテ男性を生理的に嫌悪し、Twitterやガールズちゃんねるなどで叩くようになる。

・アニメキャラや広告などの設定に文句を言い、「女性差別」を主張し批判するようになる。

・恋愛がうまくできず、体目当ての男性とばかり出会うようになり穴モテといわれる状態になる。

非モテ男性のこじらせ方

・女性を敵視し、女性をモノ扱い・道具扱いしてしまう。

・Twitterや5chなどで女性芸能人などの言動を過剰に叩くようになる。

・女性のルックスを一方的に評価し、自分が上の立場にいるような言動をする。

・風俗狂いやキャバ狂いになってしまう。

非モテをこじらせないためには

非モテをこじらせてしまう人は、男女ともに「異性に対する偏見やトラウマ」を強く持っている傾向があります。そのため、特殊な事例を持ち出して「男」や「女」を一括りにして、敵視したり批判したりするようになるのです。

非モテをこじらせないためには、

・異性を一括りにせず、様々な考え方をする人がいると認識すること。

・異性だからといって相手を見下さないこと。

・少しずつでも、異性とコミュニケーションをとる習慣をつけること。

非モテをこじらせないためには、これらの3つを意識して、日々の生活を過ごしていく必要があります。
また、特に異性とのコミュニケーションに慣れていくことは重要です。異性と話していく中で、異性の考え方や悩みについても触れることができて、偏見やトラウマをなくしていくことができます。

こちらの記事では、恋愛初心者にもおすすめできるマッチングアプリを紹介していますので、参考にしてみてください。