【マッチングアプリ】ブロックすると逆恨みされる?実際に試してみた。

Pairs ペアーズ マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「マッチングアプリでブロックすると逆恨みされる・・・?対策方法について知りたい!」

今回は、そんなお悩みを解決する記事です!

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

マッチングアプリでブロックするのはよくない?

Pairs(ペアーズ)などのマッチングアプリを使っていると、面倒くさい相手とマッチしてブロックしたくなることもありますよね・・・。

ただ、相手をいきなりブロックしてしまうと、逆恨みされてしまわないか不安な方も多いのではないのでしょうか。相手次第では、何をされるか分からないので怖いですよね・・・。

というわけで今回の記事では、マッチングアプリでブロックをしてみるとどういうことが起こるのか、相手には逆恨みされるのか検証した結果を紹介していきます!

相手をブロックするとどうなる・・・?

ほとんどのマッチングアプリでは、嫌な相手をブロックする機能があります。
例えば、Tinderでは↓こんな感じで、マッチ解除や通報ができます。両方似たような機能ですが、通報をすると運営に報告が行き、相手がアカウント停止などの処置を受けるようになります。

もし、自分が通報をして相手のアカウントが利用停止になったりしたら、確かに逆恨みされてしまいそうですよね・・・。ですが、実際に相手を通報したりマッチ解除してみましたが、特に問題は起きなかったです。相手をブロックすると、相手は自分との連絡手段も無くなるわけなので、どうすることもできないというわけです。

また、マッチングアプリでは業者やビジネス勧誘目的の相手もしばしば見かけます。こういった相手も通報したり、マッチ解除したりしていってOKです。自分の場合は、今のところ逆恨みされて何かしらの被害を受けたりしたような経験はありません。

逆恨みの危険があるパターン

自分の場合は、マッチングアプリでブロックをしても特に逆恨みされたり被害にあったりすることはありませんでした!ですが、場合によっては自身を特定されたりして、危険な目に遭う可能性もあります。

↓このような場合は、相手に逆恨みされると危険なので注意しておきましょう。

・相手に名前やLINEを教えてしまっている。
・相手が自分の住所を知っている。
・自分の顔や個人情報をプロフィールに載せてしまっている。

最近では、SNSなどを活用してネットの相手を特定する方も一部います。もし、自分の情報を相手に伝えてしまっている場合は、できる限り逆恨みされるような言動は避けるようにしておきましょう・・・。

面倒くさい相手とマッチしないためには

というわけで今回の記事では、マッチングアプリで相手をブロックしてみて逆恨みされるかどうかを検証した結果を紹介させていただきました。

変な相手から逆恨みをされないためには、そもそも面倒くさい相手とマッチしないようにするのも重要です。ここからは、真面目なユーザーが多い個人的なおすすめアプリについて紹介していきます!

バチェラーデート は、メッセージのやりとり不要でデートができるマッチングサービスです。審査制のマッチングアプリとなっているため、変なユーザーとマッチしてしまう可能性は限りなく低いです。

男性の場合も、初回のデートは無料で体験できますので、まずはぜひサービスを体験してみてください。

バチェラーデートの無料登録はこちら! 

マリッシュは、特に30代以上の男女に人気のマッチングアプリです。再婚活をしているユーザーも多く、シンママ・シンパパの方にもオススメです。

真剣な恋活・恋活目的のユーザーが多く、結婚願望が強い方にはおすすめです。

マリッシュの無料インストールはこちら!