【マッチングアプリ】LINEでアイコンなしの人は業者?見分け方を解説。

マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「マッチングアプリでLINE交換したけど、相手がLINEのアイコンを設定していない・・・。相手を信頼してもいいの?」

<業者の少ないマッチングアプリ>
Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
バチェラーデート :AIを使った異性と確実に出会えるマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

LINEのアイコンを設定していない人は怪しい?

「マッチングアプリで仲良くなった後、LINEを交換すると、相手がプロフィールのアイコンを設定していなかった・・・!」

そんな時、相手が本当に信頼できる方なのかちょっと不安になりますよね。もちろん、LINEのアイコンを設定していないこと自体は問題ありませんが、何も設定していないとなると「本当にこのLINEアカウントを普段使っているのかな?」と疑問に思いますよね。

今回の記事では、マッチングアプリでLINEのアイコンを設定していない人の心理や怪しい相手の見分け方について解説していきます。

LINEアイコンなしの相手は業者?

相手がLINEアイコンなしの場合、まず疑ってしまうのが何かしらの業者の可能性ですよね。使っているマッチングアプリによっては業者がかなり多く、LINEに誘導された後騙そうとしてくる方もいるので注意が必要です。

例えばですが、↓こんな感じでマッチしてすぐにLINEに誘導してくる方は業者である可能性が高いです。

関連記事:【マッチングアプリ】女性からのLINE交換は業者?実体験から解説。

マッチングアプリにいる業者の特徴としては↓こんな感じですね。

・いきなりLINEを交換しようとしてきたり、プロフィールにLINEIDを載せていたりする。
・日本語が不自然で、自然なコミュニケーションがとれない。
・LINEの名前が明らかに本名やニックネームではない。
・男性に対して女性から積極的にアプローチしてくる。

このような特徴がある相手は業者である可能性が高いので、注意をしておきましょう。

サブ垢の可能性もアリ。

業者以外の可能性として、アイコンなしの方はLINEのサブ垢である可能性もあります。

LINEでは基本的にサブ垢は作れないのですが、スマホを2台持っていたり、格安Simなどを作っていたらサブ垢を作ることも可能ではあります。また、LINE公式アカウントという誰でも作れるアカウントをサブ垢として使っている方もいなくはありません。

サブ垢を使っている人の心理としては↓このような理由が考えられます。

・マッチングアプリでLINE交換をするのが不安だから。
・恋人持ちや既婚者で本アカでLINE交換をしたくないから。
・自分の本名やプロフィールがバレたくないから。

相手がサブ垢の場合、もしかすると隠したい何かがある可能性はあります。ですが、相手がサブ垢かどうかはこちらから判断が難しいので、あくまで参考程度と考えてみてください。アイコンがない場合や、プロフィールの名前が雑な場合はサブ垢かもしれないと推測できる程度です。

アイコンなしの方も普通にいる。

最後にですが、業者やサブ垢ではなく、普通にLINEのアイコンを設定していない人も多くいます。なので、LINEのアイコンがないからと言って変に怪しみすぎる必要はありません。

「マッチングアプリで業者には騙されたくない・・・!」という方は、業者の少ないマッチングアプリ選びを意識しておきましょう。

バチェラーデートはAIを活用してデートをセッティングしてくれる新しい恋活・婚活アプリです。メッセージのやりとりが面倒だったり、まずは相手とデートしてみたい!という方におすすめです。業者に騙される危険性もありません。

ハイスペックなユーザーが多く登録しており、男女ともに週一回のデート保障もあるので、他のマッチングアプリでは魅力的な相手と出会えなかったという方はぜひ試してみてください。

バチェラーデートの無料会員登録はこちら。

ゼクシィ縁結びは、リクルートのゼクシィが運営する婚活アプリです。ゼクシィのブランド効果もあり、真面目な交際を求める結婚適齢期のユーザーが多いのが特徴です。

他のマッチングアプリとは違い、女性もマッチング後は課金が必要となっている分、真剣な相手と出会いやすくなっています。

ゼクシィ縁結びの無料インストールはこちら!