【ペアーズ】業者とLINE交換してしまった…!どうすればいい?実体験から解説!

Pairs ペアーズ マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「ペアーズで業者とLINE交換をしてしまった・・・!どうしたらいいの?」

今回はそんなお悩みを解決する記事です!

<ペアーズみたいなおすすめマッチングアプリ>
マリッシュ:30代~のユーザーが多い真剣な婚活マッチングアプリ
ゼクシィ縁結び:ゼクシィが運営する婚活マッチングアプリ
マッチ・ドットコム:世界最大級のマッチングアプリ。30代~40代が多い。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

ペアーズで業者とLINE交換してしまった!

Pairs ペアーズ

ペアーズを使っていると、「LINE交換をした相手が業者かもしれない・・・。」なんてこともあったりしますよね。

怪しいと思いつつもLINEを交換してしまい、その後どうすればいいのか困ってしまったという方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、ペアーズや他のマッチングアプリで業者とLINE交換をしてしまったからと言って、何かの被害にあうということは基本的にはありません。業者がLINEで送ってくるURLを開いたり、チャットで誘導されてプリペイドカード等で送金をしたりしてしまわなければ、業者とLINE交換をした後でも被害なく対応することが可能です。

↓こちらの記事では、マッチングアプリにいる業者の特徴や、実際のやり取りを紹介していますので合わせて参考にしてみてください。

関連記事:【マッチングアプリ】女性からのLINE交換は業者?実体験から解説。

ここからは、ペアーズで業者とLINE交換をしてしまった後の対応方法について、具体的に解説していきます。

LINEで相手をブロック

まず、LINE交換をしてしまった相手をLINE上でブロックしておきましょう。

ブロックしてしまえば相手からの連絡手段はなくなりますし、業者は一度に多くの相手を効率的に騙そうとしてくるわけなので、ブロックされた相手に固執して何かをしてくるということはありません。

LINEでやりとりをしていて、業者かもしれないと感じたら、その場で相手をブロックしてしまってOKです。

ペアーズで通報しておく

次に、相手をペアーズのアプリ内で通報をしておくことをオススメします。

通報せずにブロックをするだけでももちろん良いのですが、相手を通報することで他の人が騙される危険性が減りますし、相手にもダメージを与えることもできるはずです。

通報をする際は、怪しいURLに誘導された等の情報も含めて通報しておきましょう。

ペアーズみたいなおすすめアプリ

というわけで今回の記事では、ペアーズで業者とLINE交換をしてしまった際の対応方法について解説させていただきました。「ペアーズを使っているけれど、なかなか魅力的な相手と出会えない・・・!」という方は、併用して他のマッチングアプリを試してみるのもオススメです。

バチェラーデートはAIを活用してデートをセッティングしてくれる新しい恋活・婚活アプリです。メッセージのやりとりが面倒だったり、まずは相手とデートしてみたい!という方におすすめです。

ハイスペックなユーザーが多く登録しており、男女ともに週一回のデート保障もあるので、他のマッチングアプリでは魅力的な相手と出会えなかったという方はぜひ試してみてください。

バチェラーデートの無料会員登録はこちら。

ゼクシィ縁結びは、リクルートのゼクシィが運営する婚活アプリです。ゼクシィのブランド効果もあり、真面目な交際を求める結婚適齢期のユーザーが多いのが特徴です。

他のマッチングアプリとは違い、女性もマッチング後は課金が必要となっている分、真剣な相手と出会いやすくなっています。

ゼクシィ縁結びの無料インストールはこちら!

マリッシュは、恋活・婚活・再婚活向けのマッチングアプリです。ペアーズと比べると、30代以上のユーザーの割合が多いのが特徴です。

30代以上の真剣な恋活・婚活ユーザーが多いため、ペアーズではうまくいかなかった方にもオススメです。

マリッシュの無料インストールはこちら!