【Tinder】フェスティバルモードとは?実際に参加してみた!

マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「Tinderのフェスティバルモードって何?参加したほうがいいの?」

今回は、そんなお悩みを解決する記事です!

記事の内容は↓こちらの動画でも解説しています!

<Tinderみたいなおすすめアプリ>
Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
popo(ポポ)(ios):男女共に基本無料で使える、アバターで出会えるマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

フェスティバルモードとは?

Tinderで突然、フェスティバルモードというモードが実装されたようです。フェスティバルモードは、Tinder Exploreから参加が可能で、参加している人同士でマッチすることができるようになります。

もともとは、海外で先に実装されていた機能で、自分の参加する音楽フェスの情報をプロフィールに書いておくことで、同じ音楽フェスに参加するユーザーとマッチできるという機能なようです。日本版ではちょっと説明不足で、どう使えばいいのか分かりにくいですよね(笑)

海外では、様々な音楽フェスにTinderが協賛をしており、参加すると特典があったりするようなのですが、日本ではいまのところそのような情報はなさそうです。

使い方については、他のExplore内のイベントと同じ感じです。Exploreの上手な使い方については↓こちらの記事で解説していますので参考にしてみてください。

関連記事:【Tinder】Explore(エクスプロアー)の使い方とコツ!SNSでの評判も紹介!

実際にフェスティバルモードに参加してみた

百聞は一見に如かず!ということで、実際に自分もフェスティバルモードを使ってみました。

使ってみた感じは、なぜか海外のユーザーが多くて、国内のユーザーとはあんまりマッチしないというのが第一印象ですね・・・。

ただ、今後はフェスティバルモードに参加するユーザーも増えてくる可能性があるので、ひとまず参加だけしておくのが良さそうです。イベントに参加したことが直接関係するのか分かりませんが、いつもよりはマッチ数が増えた感覚があります。

まとめ

というわけで、Tinderで突如現れたフェスティバルモードについて解説させていただきました。興味のある方はお気軽に参加してみてください~。

また、「Tinderを使っているけど、なかなか魅力的な異性と出会えない」という方は、併用して他のマッチングアプリを使ってみることをおすすめします。

バチェラーデートはAIを活用してデートをセッティングしてくれる新しい恋活・婚活アプリです。メッセージのやりとりが面倒だったり、まずは相手とデートしてみたい!という方におすすめです。

ハイスペックなユーザーが多く登録しており、男女ともに週一回のデート保障もあるので、Tinderでは魅力的な相手と出会えなかったという方はぜひ試してみてください。

バチェラーデートの無料会員登録はこちら。

popo(ios)は、アバターの姿で異性とマッチできる新しいマッチングアプリです。

機能としては普通のマッチングアプリと同じような感じですが、顔写真などを載せずにアバターの姿で相手とマッチできるような仕組みになっています。外見に自信がない方にもおすすめです。

Tinder同様、男女共に基本無料で利用できる珍しいアプリなので、まずは気軽にインストールしてみてください。

popo(ios)の無料インストールはこちら!

ゼクシィ縁結びは、リクルートのゼクシィが運営する婚活アプリです。ゼクシィのブランド効果もあり、真面目な交際を求める結婚適齢期のユーザーが多いのが特徴です。

他のマッチングアプリとは違い、女性もマッチング後は課金が必要となっている分、真剣な相手と出会いやすくなっています。

ゼクシィ縁結びの無料インストールはこちら!