【Tinder】18歳なのに年齢確認できない時の対策方法

マッチングアプリ

はじめまして!「もん」といいます。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています。

「18歳になったからTinderを始めようとしたら年齢確認ができなくて困った・・・。」

今回は、こんなお悩みを解決する記事です!

<Tinderみたいなおすすめアプリ>
Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
バチェラーデート :AIを使った異性と確実に出会えるマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

【今回の記事の要約】

・Tinderは18歳以上から使うことが可能に!
・年齢認証の際に、なぜか18歳でも認証できないケースが多くある。
・エラーが出るときは、いくつかの対策方法を試せばOK。
・18歳からは、 Pairs(ペアーズ) など他のマッチングアプリもおすすめ。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

Tinderは18歳から使っても大丈夫?

まず最初に前提として、「Tinderはそもそも18歳から使っても大丈夫なの?」という点について解説しておきます。結論からいうと、Tinderは18歳になれば使っても何の問題もありません。

Tinder公式サイトを見てみると、↓下記のような記載がされています。
18歳以上であれば、Tinderを使うことが出来るので、最低でも18歳になっていればTinderをつかうことができます。

ちなみに、18歳を超えていない状態で登録しようとしても、どこかに通報されたりとかそういったことはないのでご安心ください。

Tinderで年齢認証ができない原因。

特に18歳の方は、なぜかTinderでの年齢認証ができないケースが多くあるようです。
年齢認証ができない原因としては、下記のようなものが考えられます。

・実際に18歳になる前に年齢認証をしてしまった。

・アカウントの年齢と提出書類の年齢が違う。

・提出した画像が鮮明でなく、内容を認識できない。

・プロフィール内容に大きな問題がある。

特によくあるのが、18歳未満の時期に年齢認証をしてしまったパターンです。その場合は、一定期間経過したあとで、再登録をする必要があります。

エラーが出るときの対策方法。

「書類の画像を送ったのに、ぜんぜん認証が進まない・・・。」

よくわからない理由で年齢認証が進まないこともおおくあります。
その場合は、下記のような方法を試してみてください。

・写真を撮りなおして認証を何度かやってみる。

・少し時間をおいて、そのあとに認証をする。

・アプリではなくブラウザで認証を進めてみる。

・どうしても年齢認証が進まない場合、アカウントを作り直す。

このような方法を試せば、年齢認証がどうにか完了するはずです。
少し面倒くさいですが、基本的には年齢認証自体そんなに難しくないはずなので、軽い気持ちで試してみてください。

18歳になったら、Tinder以外のマッチングアプリもおすすめ。

せっかく18歳になったのであれば、他のマッチングアプリも合わせて使ってみることをおすすめします。マッチングアプリの多くは男女ともに会員登録無料なので、まずはアプリをインストールして使いやすさやユーザー層などを確かめてみましょう。

ここからは、いくつかのマッチングアプリを紹介させていただきます。

Dine(ダイン)は、メッセージのやり取りなしで異性とすぐに出会える新しいマッチングアプリです。Tinderよりもさらに気軽にデートに行くことができます。

お店選びも予約もアプリ内でできるなど、デートに特化したマッチングアプリになっているのが特徴ですね。ドタキャンをしたユーザーは強制退会させられたりと、信頼できるユーザーしか使えないようになっています。

Dine(ダイン)の無料インストールはこちら!

Pairs(ペアーズ)は、国内最大級のユーザーが登録している大手マッチングアプリです。多くのユーザーがいるので、自分の趣味や考え方と合う相手も見つけやすくなっています。Tinderと比べると真面目なユーザーが多い分、マッチしやすくメッセージも続きやすいのが特徴です。

Pairs(ペアーズ)の無料インストールはこちら!

まとめ

というわけで今回は18歳からTinderを始めようとする方向けに、年齢認証などについて解説させていただきました。少しでも参考になっていたら幸いです。