【Tinder】検索の仕方を初心者向けに解説!【スクショ付き】

マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「Tinderってどうやって相手を検索すればいいの?上手な使い方を知りたい・・・!」

今回は、そんなお悩みを解決する記事です!

記事の内容は↓こちらの動画でも解説しています!

<Tinderみたいなおすすめアプリ>
Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
バチェラーデート :AIを使った異性と確実に出会えるマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

Tinderで相手の検索はできる?

Tinder

Tinderではいろいろな検索機能があるのですが、使い方がちょっと分かりにくいですよね。

特に検索条件を絞り込んだりせずに、適当にスワイプ画面に出てくる相手からマッチしたい相手を選んでいる方も多いのではないのでしょうか。

今回の記事では、Tinder初心者の方向けに「Tinderでの検索方法」について分かりやすく解説していきます。

また、恋庭というマッチングアプリではTinder同様に男女共に基本無料でメッセージのやりとりも可能となっています。

ゲーム感覚で異性とマッチングできる新しいマッチングアプリなので、興味がある方はぜひインストールしてみてください!

恋庭の無料インストールはこちら!

距離・性別・年齢で絞って検索する。

Tinderの検索条件は、プロフィール画面の設定というアイコンを選択すると設定できるようになっています。

設定画面の下の方に行くと、「マッチの検索設定」というところがあるので、そこで詳細の設定をしていきます。

Tinderの検索機能は、「距離」「性別」「年齢」の3つの条件をもとに相手を検索するというシンプルな仕組みになっています。

例えば、最長距離:10km、マッチしたい人の性別:女性、年齢の範囲:18~24 みたいな感じで設定をしていきます。

この時に注意しておいたほうがいいポイントとして、距離や年齢についてはある程度絞らないと本当にいろんな人が表示されるようになってしまいます。距離や年齢が近い人から順番に表示されたりはしないので、注意が必要です。

設定は都度変えられるので、「2km以内」でマッチする相手が表示されなくなったら「5km以内」でマッチする相手を探すみたいな感じで、少しずつ条件を緩くしていくことをおすすめします。

趣味などが近い相手を検索する。

Tinderでは、さらに趣味などが近い相手をある程度絞って検索することも可能になっています。趣味などで相手を絞り込むためには、普通のスワイプ画面ではなくExploreという機能を使っていく必要があります。

Tinder Exploreについては↓こちらの記事でも解説しています!

関連記事:【Tinder】Explore(エクスプロアー)の使い方とコツ!SNSでの評判も紹介!

Exploreの機能を使うためには、画面下部にある↓こちらのアイコンを選択してください。

すると、↓こんなかんじでいろんな条件で相手を絞り込むことができるようになっています。
例えば、「恋人募集中」とか、「今夜暇?」とかですね。

これらの項目の中から好きな項目を選べば、同様にExplore機能を使って相手を探しているユーザーだけのスワイプ画面が表示されます。

注意するべきポイントとして、あくまで相手もExplore機能を使って検索している必要があるので、ユーザー数はかなり絞られてしまいます。

あとは、プロフィールに設定してある興味タグをもとに、おすすめのユーザーを表示することも可能です。

興味タグについては、プロフィール内容の編集画面で設定が可能です。設定している興味タグによっておすすめの相手も変わってきますので、しっかり設定しておきましょう。

↓興味の数は結構たくさんあります。適当に設定している人も多いと思いますが、設定しておいて損はないのでしっかり設定しておきましょう。

マッチした相手の名前を検索する。

最後に、既にマッチした相手であれば、相手の名前でトーク画面を検索することもできます。マッチ数が増えて、相手が埋もれて見つからない時とかに使う機能ですね。

使い方は、↓マッチ画面の上の方にある「○○マッチの検索」というところで相手の名前を入力すればOKです。

相手の名前を覚えていたら、ここから簡単に相手を探すことができます。残念ながらメッセージの内容とかでの検索はできないようですね。

また、あくまで、マッチした相手を検索するだけなので、マッチしていない相手を探すことはできないので注意が必要です。

検索機能が充実したマッチングアプリ

というわけで今回の記事では、Tinderでの検索機能について解説していきました!Tinderは他のマッチングアプリと比べて機能がシンプルな分、条件を絞り込んで相手を探すのにはあまり向いていません。偶然の出会いに向いているマッチングアプリという感じですね。

もし、職業や趣味、年収など詳細な条件で相手を検索したい場合は、Tinder以外のマッチングアプリを使ってみるのもおすすめです。

バチェラーデートはAIを活用してデートをセッティングしてくれる新しい恋活・婚活アプリです。メッセージのやりとりが面倒だったり、まずは相手とデートしてみたい!という方におすすめです。

ハイスペックなユーザーが多く登録しており、男女ともに週一回のデート保障もあるので、Tinderでは魅力的な相手と出会えなかったという方はぜひ試してみてください。

バチェラーデートの無料会員登録はこちら。

Dine(ダイン)は、メッセージのやり取りなしで異性とすぐに出会える新しいマッチングアプリです。Tinderよりもさらに気軽にデートに行くことができます。

お店選びも予約もアプリ内でできるなど、デートに特化したマッチングアプリになっているのが特徴ですね。ドタキャンをしたユーザーは強制退会させられたりと、信頼できるユーザーしか使えないようになっています。

Dine(ダイン)の無料インストールはこちら!

ゼクシィ縁結びは、リクルートのゼクシィが運営する婚活アプリです。ゼクシィのブランド効果もあり、真面目な交際を求める結婚適齢期のユーザーが多いのが特徴です。

他のマッチングアプリとは違い、女性もマッチング後は課金が必要となっている分、真剣な相手と出会いやすくなっています。

ゼクシィ縁結びの無料インストールはこちら!