【Tinder】何故かマッチしなくなった原因は?実体験をもとに解説!

Tinder マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「Tinderを使っているけど、最近なかなかマッチしなくなった・・・。原因や対策方法を知りたい・・・!」

今回はそんなお悩みを解決する記事です!

<Tinderみたいなおすすめアプリ>
Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
恋庭:男女共に基本無料で使える、ゲーム×出会いの新しいマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

Tinderでなかなかマッチしなくなった・・・。

Tinder

Tinderをずっと使っているけれど、なぜだか前よりもマッチしにくくなったように感じることはありませんか?

プロフィールを変えたわけでもないし、住んでいる場所や生活圏を変えたわけでもないのに、なかなかマッチしないようになるのは不思議ですよね・・・。

今回の記事では、Tinderでなぜかなかなか相手とマッチしなくなる原因と対策方法について解説していきます。

Tinderでマッチしなくなる原因

ここからは具体的にTinderでマッチしなくなった際の原因について解説していきます。あくまでも、もともとはマッチしていた方向けに解説していますので、プロフィールや設定などは変更していない想定となっております。

登録してしばらく時間が経った。

Tinderでは、登録してすぐのタイミングでは相手のスワイプ画面に表示されやすく、優先的にマッチできるようになっています。ですが、しばらく時間が経つと通常通りの表示になるので、登録したてのタイミングと比べるとマッチしなくなるという仕組みになっています。

近くに相手がいなくなった。

Tinderでは、お互い近くにいる人同士の方がマッチしやすい仕組みになっています。近くの相手だけを探している方も多いので、距離が離れた人とはマッチしにくいです。

そのため、特に地方ではある程度の人数をスワイプしてしまうと、近くにユーザーがおらずマッチしにくくなるということがあります。

アプリをあまり使わなくなった。

最後に、自分自身がTinderのアプリをあまり使わなくなると、相手のスワイプ画面に表示されにくくなります。運営目線で考えると、アプリ内でマッチするユーザーの全体数を増やすため、アクティブな人同士を優先して表示するような仕組みになっているというわけです。

マッチしなくなった時の対策方法

というわけで、Tinderでマッチしなくなった原因について解説させていただきました。もし、Tinderでなかなかマッチしなくなった場合は↓このような方法を試してみてください。

・毎日スワイプを続けてアクティブユーザーになる。

・Tinderに課金をして、ブースト機能などを使う。

・他のマッチングアプリを併用する。

一番簡単な方法としては、Tinderを日々使うようにして、アクティブユーザーになることですね。毎日スワイプを続けていけば、誰ともマッチしないということは無いかと思います。

ただ、地方に住んでいる場合など近くにマッチできる相手が居なくなった場合は、Tinder以外の他のマッチングアプリを使うのが一番効率的です。

Pairs ペアーズ

pairs(ペアーズ)は、国内最大級のマッチングアプリです。ユーザー数が多いため、自分と合った異性と出会いやすいのが特徴です。

実は、Tinderと同様で位置情報を使って異性と出会うことも可能です!10km以内の相手に絞って検索ができます。男性でも無料で使える機能が充実しているのもうれしいですね。

pairs(ペアーズ)の無料インストールはこちら!

バチェラーデートはAIを活用してデートをセッティングしてくれる新しい恋活・婚活アプリです。メッセージのやりとりが面倒だったり、まずは相手とデートしてみたい!という方におすすめです。

ハイスペックなユーザーが多く登録しており、男女ともに週一回のデート保障もあるので、Tinderでは魅力的な相手と出会えなかったという方はぜひ試してみてください。

バチェラーデートの無料会員登録はこちら。

まとめ

というわけで今回の記事では、Tinderでなかなかマッチしなくなった際の原因と対策方法について解説していきました。参考にしてみていただければ幸いです。