【With】課金するべきタイミングは?実体験から解説【マッチングアプリ】

マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「マッチングアプリのWithはいつ課金するのがいい?おすすめのタイミングを知りたい・・・!」

今回はそんなお悩みを解決する記事です!

<Withみたいなおすすめアプリ>
Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
popo(ポポ)(ios):男女共に基本無料で使える、アバターで出会えるマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

Withで課金するべきタイミングは?

人気のマッチングアプリWithでは、女性は無料でメッセージのやりとりができるものの、男性は課金をしなければメッセージができないような仕様となっています。

一方で、課金をするタイミングや期間を間違えてしまうと無駄にお金を使ってしまうことにもなるので注意をしておきましょう。

課金をオススメするタイミングとしては、↓このようなタイミングが考えられます。

・気になる相手とマッチングしたタイミング

・何人かと既にマッチしていて、会話を始めるべきタイミング

・最初から身バレ防止機能を使いたい場合(VIPオプションへの課金)

基本的には、そもそも誰ともマッチしていない状態で課金をしても無駄になるので、ある程度マッチした後で課金を検討しましょう。

また、WithにはVIPオプションという課金プランを使うことで身バレを防ぐことも可能になっています。このような機能を最初から使いたい場合は、先に課金をしてから相手を探していきましょう。

課金するべきでないタイミングは?

逆に、Withでまだ課金をするべきではないタイミングももちろんあります。↓このような場合は、ある程度マッチするまで課金を辞めておくか、他のマッチングアプリを使ったほうが無難です。

・プロフィールがまだ完成していない状態

・まだ誰ともマッチしていない状態。

・ユーザー検索で魅力的に感じる近くの相手が少ない場合。

・以前課金済みで、近くにあまり相手が居ない場合。

・他のマッチングアプリの方が効率よく出会えそうな場合。

まずはWithを使ってみて、自分のプロフィールでどれくらいの相手とマッチできるかを試してみましょう。マッチングアプリごとにユーザー層は違うので、Withでうまくいかない場合は無理に課金をする前に他のマッチングアプリを試してみることをオススメします。

初心者にもおすすめなマッチングアプリ

というわけで今回の記事では、マッチングアプリのWithで課金するべきタイミングについて解説させていただきました。ここからは、初心者にもおすすめなマッチングアプリを紹介していくのでWithと併用してお試ししてみてください。

マリッシュは、30代~40代以上のユーザーに特に人気のマッチングアプリです。ペアーズなどの他のマッチングアプリより年齢層は高めですが、その分真剣な婚活ユーザーが多いのが特徴です。

特徴として、シンママ・シンパパのユーザーが多いという点も挙げられます。バツイチ以上で婚活をしている方にもおすすめですね。

マリッシュの無料インストールはこちら!

ブライダルネットは、大手結婚相談所のIBJが運営する婚活アプリです。様々な会員の詳細なデータが見れるので、条件の合う異性を探したい方にオススメです。

担当のカウンセラーがついていたり、おすすめの相手を紹介してくれたりとサポートも充実しているので、他のマッチングアプリではうまくいかなかった方にもおすすめです。

ブライダルネットの登録はこちら!