【マッチングアプリ】実家暮らしで電話やビデオ通話はどうする?

マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「マッチングアプリでマッチした人と電話やビデオ通話がしたいけど、実家暮らしでタイミングが難しい・・・。」

今回はそんなお悩みを解決する記事です!

<初心者におすすめなマッチングアプリ>
マリッシュ:30代~のユーザーが多い真剣な婚活マッチングアプリ
ゼクシィ縁結び:ゼクシィが運営する婚活マッチングアプリ
マッチ・ドットコム:世界最大級のマッチングアプリ。30代~40代が多い。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

実家暮らしでマッチした人と電話ができない・・・!

実家暮らしの方がマッチングアプリを使っていると、相手に電話やビデオ通話を誘われた時にどうするべきか悩みますよね。実家で親や家族に声を聴かれてしまったり、電話中に親が声をかけてきたら恥ずかしいですからね・・・。

実家暮らしの方がマッチングアプリで電話に誘われた時の対策方法としては、↓このような方法が考えられるかと思います。

・車の中など、家の外で電話をする。

・家族に「友達と電話をする」と先に伝える。

・家族がいない時間や寝ている時間に電話をする。

・電話のお誘いは断る。

一番安心できるのは、車の中や出先など家族がいない場所で電話をすることかと思います。ですが、それが難しいようでしたら、家族のいない時間を狙ったり、直接家族に「友達と電話をする」と嘘をついて邪魔されないようにするのがいいんじゃないかなと思います。

ただ、マッチングアプリの相手とは電話をするよりも実際に会ったほうが打ち解けやすいので、無理に実家で電話をする必要はないかと思います。電話が出来そうなタイミングがあれば電話をしてみましょう!

初心者にもおすすめなマッチングアプリ

というわけで今回の記事では、マッチングアプリで実家暮らしの方が電話をする方法について解説していきました。

「マッチングアプリを使っているけれど、なかなか魅力的な相手と出会えない・・・!」という方は、他のマッチングアプリも試してみることをオススメします。

マリッシュは、30代~40代以上のユーザーに特に人気のマッチングアプリです。ペアーズなどの他のマッチングアプリより年齢層は高めですが、その分真剣な婚活ユーザーが多いのが特徴です。

特徴として、シンママ・シンパパのユーザーが多いという点も挙げられます。バツイチ以上で婚活をしている方にもおすすめですね。

マリッシュの無料インストールはこちら!

ブライダルネットは、大手結婚相談所のIBJが運営する婚活アプリです。様々な会員の詳細なデータが見れるので、条件の合う異性を探したい方にオススメです。

担当のカウンセラーがついていたり、おすすめの相手を紹介してくれたりとサポートも充実しているので、他のマッチングアプリではうまくいかなかった方にもおすすめです。

ブライダルネットの登録はこちら!