【実体験】マッチングアプリで会うまでの期間は早いほうがいい!おすすめの期間を解説。

マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「マッチングアプリで会うまでの期間はどれくらいがいいの?おすすめの期間を知りたい。」

今回はそんなお悩みを解決する記事です!

記事の内容は、↓こちらの動画でも解説しています!お好きな方でどうぞ。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

マッチングアプリで会うまでの期間はどれくらいがいい?

マッチングアプリで気になる異性とマッチした後って、「どれくらいの期間やりとりをした後、デートに誘えばいいのかな・・・?」と悩んだりしますよね。早く誘いすぎて断られても辛いし、誘うのが遅すぎて相手からフェードアウトされても辛いし、難しいですよね。

マッチングアプリで会うまでの期間についてはもちろん正解がなく、「何日でデートの約束をすればOK!」みたいな攻略方法はありません。ですが、個人的には男女ともにマッチした後はできるだけ早く実際に会うことをオススメします!

もちろん、人によって考え方の違いはありますし、相手との相性によってもベストな期間は変わってくるかと思います。そのあたりは臨機応変に対応していきましょう!

ここからは、具体的にマッチングアプリで会う期間ごとにポイントを解説していきます!

1ヶ月~2ヶ月はちょっと長い。

まず、マッチングアプリでマッチしてから1ヶ月~2ヶ月で会う約束をするようなパターンです。多くの方はこのくらい時間をかけて、デートの約束をしているのではないかと思います。

ですが、1ヶ月~2ヶ月をかけて会うのはちょっと慎重すぎるかと思います・・・!実際、これだけの期間メッセージのやりとりをして、デートを断られたらかなりショックですよね。会ってみて相性が良くなかったら、「今までやりとりをしていた時間はなんだったんだろう・・・。」とも思ってしまいます。

また、マッチ後1~2ヶ月も経っていたら、相手は自分以外にも魅力的な異性と関係性が進んでしまっている可能性も高いです。他のライバルに負けない工夫も重要ですよね。

3ヶ月~4ヶ月は脈なしの可能性大。

次に、マッチングアプリでマッチしたあと、会うまでに3ヶ月~4ヶ月かけるパターンです。この場合は、3~4ヶ月もやりとりをしているのに会う約束まで話が進まないということは、脈なしな可能性が高いですね。もしかしたら、相手は暇つぶしでマッチングアプリを使っているだけかもしれません。

人によっては、「今はご時世的に・・・。」「仕事が忙しくて・・・。」「もう少しやりとりをして仲良くなったら・・・。」など、様々な理由で会うのを避けてくる方もいます。ですが、こういった方とやりとりを続けても経験上あまりいい結果にならないことが多いです。

おすすめはマッチ後1週間以内に誘ってみること!

個人的には、マッチした後1週間以内にデートに誘ってみることをオススメします!「え、そんなの早すぎるのでは・・・?」と思われる方もいるかもしれませんが、すぐにデートに誘うと様々なメリットがあります。

具体的には、↓こんなかんじのメリットが挙げられます。

・相手と話が盛り上がっているうちに実際に会うことができる。
・会うまでに相手からフェードアウトされてしまうリスクを最小限にできる。
・複数人と効率よくデートができるようになり、相性の良い異性と出会いやすくなる。
・メッセージのやり取りなどの時間を、自分磨きや他のことをする時間にできる。
・実際に会った後に相手のイメージが違った場合もダメージが少ない。
・男性の場合は課金の期間が最低限で済む。

メリット、めちゃくちゃ多くないですか・・・?(笑)

マッチングアプリの最終的なゴールは、「魅力的な異性と出会うこと」だと思います。そのためには、マッチングアプリで会うまでの期間は早ければ早いほど良いというのが個人的な意見です!

マッチ後、できるだけ短期間で会う方法

「マッチングアプリで会うまでは早いほうがいいのは分かた。でも実際問題、どうやって相手を誘えばすぐにデートの約束ができるの?」

次はそんなお悩みが出てきますよね・・・!
ここからは自分の経験を元に、具体的にマッチングアプリを使ってできるだけ短期間で異性と出会う方法について紹介していきます。

デート特化型のマッチングアプリを使う。

まず、一番簡単な方法が、デート特化型のマッチングアプリを使うことです。デート特化型のマッチングアプリを使えば、メッセージのやりとりはほとんどせずに、自然と異性と出会うことも出来るようになっています。

有名どころでは↓こちらの2種類のサービスがあります。少しずつサービスの内容が違うのでお好きな方を選んでください!まずは2つとも試してみるのもアリだと思います。

Dineは、マッチした相手とのデートをアプリが自動的にセッティングしてくれるという新しいマッチングアプリです!面倒なやりとりは全てDineが代行してくれるので、ユーザーは希望の日程を出してデートに行くだけ。

Dineの無料インストールはこちら!

プロフィールを工夫する。

先程紹介したようなマッチングアプリを使わない場合でも、プロフィールを工夫することでマッチ後に会うまでの期間を短縮することは可能です。

例えばですが、「一緒にランチに行ける相手を探しています。」とプロフィールに書いておけば、マッチしたあとにランチにすぐに誘っても相手から違和感を持たれにくいです。

ただ、プロフィールに男性が「飲みに行きたいです!」と書いていたり、女性が「焼肉を食べに行きたいです!」と書いてあったりすると、相手から「違う目的の人かな?」と思われてしまう可能性もあります。書く内容は慎重に考えましょう。

デートに誘うまでの流れを仕組み化する。

最後に、賛否両論あるかもしれませんが、マッチした後デートに誘うまでの流れを仕組み化してしまうというのも大事です。

もちろん、マッチしたあとの会話は相手によってどう進んでいくか予測できません。ですが、ある程度のパターンを作ってしまえば、自分のメッセージ次第で会話の進み方をある程度コントロールすることができます。

例えばですが、


①「マッチしたあとに相手のプロフィールを見て関連するメッセージを送る。」
②「2,3通メッセージをした後に、好きな食事の話をする。」
③「相手の好きなものを食べれる場所でデートに誘ってみる。」

こんな感じで、自分なりの勝ちパターンを作っておくと効率よく異性とデートの約束ができるようになります。自分の得意な会話パターンを見つけて、どんどんデートに誘っていきましょう!

まとめ

というわけで今回の記事では、マッチングアプリでの会うまでの期間について、実体験をもとに個人的な意見を紹介させていただきました!

デートに誘うのは勇気がいるので、どうしても後回しになりがちです。ただ、メッセージのやりとりばかりに時間をかけてもあまり意味がないので、できるだけ早くデートに誘うようにしていきましょう。