マッチングアプリからTwitterに誘導するアカウントが急増!ほぼ業者です。

Tinder マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています。

「マッチングアプリでTwitterに誘導されたけど、これは怪しい?」

今回はそんなお悩みを解決する記事です!

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

マッチングアプリで最近よくみるTwitter誘導

Tinder等のマッチングアプリで、TwitterのIDを載せていてそこに誘導してくるアカウントを最近よく見かけませんか?

これらのアカウントは、多くの場合は業者で、Twitterからさらに怪しいサイト・アプリに誘導しようとしてきます。おそらく、マッチングアプリからそのまま怪しいサイトに誘導すると通報されたりするリスクが高いので、一度Twitterに誘導しているのでしょうね。

↓こちらの記事では、Tinderを例に業者の特徴や見分け方について解説しているので参考にしてみてください。

関連記事:最近、Tinderで業者しかいない件。業者アカウントの見分け方を解説。

海外アプリは業者が多い?

バチェラーデートはAIを活用してデートをセッティングしてくれる新しい恋活・婚活アプリです。メッセージのやりとりが面倒だったり、まずは相手とデートしてみたい!という方におすすめです。

ハイスペックなユーザーが多く登録しており、男女ともに週一回のデート保障もあるので、他のマッチングアプリでは魅力的な相手と出会えなかったという方はぜひ試してみてください。

バチェラーデートの無料会員登録はこちら。

ゼクシィ縁結びは、リクルートのゼクシィが運営する婚活アプリです。ゼクシィのブランド効果もあり、真面目な交際を求める結婚適齢期のユーザーが多いのが特徴です。

他のマッチングアプリとは違い、女性もマッチング後は課金が必要となっている分、真剣な相手と出会いやすくなっています。

ゼクシィ縁結びの無料インストールはこちら!

まとめ

というわけで、マッチングアプリでツイッターに誘導してくるアカウントについて解説させていただきました。多くの場合は業者で、騙されてしまう可能性もあるのであまり関わらないようにしておくのがベターです。

また、アプリによっては業者が多いものもあるので、アプリを選ぶ段階から安全そうなアプリを意識して選ぶようにしましょう。