【Tinder】アカウント停止になるとどうなる?再登録の方法も解説!

マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「Tinderでアカウント停止になったらどうなってしまうの?再登録のやり方はある?」

今回はそんなお悩みを解決する記事です!

<Tinderみたいなおすすめアプリ>
Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
バチェラーデート :AIを使った異性と確実に出会えるマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

Tinderでアカウント停止(垢BAN)になる理由は?

Tinderでアカウント停止・アカウントBANになってしまうと、↑Tinderのアプリがこのような画面になってしまい、それ以外の操作ができなくなってしまいます・・・。

アカウント停止になってしまう理由は様々なのですが、主に↓このような理由が考えられます。

・マッチした相手から通報をされてしまった。
・プロフィール画像に不適切な画像を載せてしまった。
・プロフィール文章に不適切な内容があった。
・マッチした相手に送ったメッセージに不適切な内容があった。
・写真認証で実際の写真とは全く違う写真で認証をしようとした。
・未成年なのにTinderのアカウント登録をしようとした。

もし、Tinderが利用停止の状態になっている場合、これらの何かしらが原因でアカウントが停止されてしまっている可能性が高いです。

<<あわせて読みたい>>

Tinder×他のマッチングアプリの掛け持ちが最強な理由。

マッチしていた相手側からはどう見える?

Tinderで利用停止になってしまった後は、マッチしていた相手側からはどのように見えるのでしょうか?

もしアカウント停止になってしまった場合は、相手とのマッチは解除されてしまい、相手のマッチ画面からは自分のアカウントを見られない状態になります。その際に、相手に通知はいかないので、相手は「いつの間にかマッチが解除されてしまっていた・・・。」とだけ思う可能性が高いです。

相手からは、自分がアカウント停止になってしまったということまでは伝わらないようになっています。

アカウントは削除された状態になる?

アカウントが利用停止になったあと、異性のスワイプ画面に自分のアカウントが表示されることはありませんし、いままでマッチしていた相手とのマッチは解除されますので、アカウントが削除されたような状態になります。

ただし、利用停止になったアカウントで登録されていた情報は運営側に残っているので、再度Tinderに登録をしようとしても、アカウントの再登録はできません。

課金の返金はできる?

Tinderでアカウントの利用停止になった場合、いままで課金していた金額の返金はできません。例えば、1年間のプレミアムプランに課金をしていた場合、1ヶ月目で利用停止になったとしても1年間分の課金金額は返金ができません。

ただし、継続課金への登録は解約できます。例えば1ヶ月の課金プランに加入している場合、2ヶ月目でも課金契約が自動更新されますが、この契約は解約することができます。(むしろ、解約しなければずっと課金され続けてしまいますので、解約が必須です。)

課金の解約はアプリ内ではできないので、Google Playまたは、Apple Storeより解約の手続きが必要です。

電話番号変更すれば再登録はできる?

アカウントの利用停止になってしまった場合、そのアカウントで登録していた情報は運営に残っており、同じ情報で再登録をしようとしても再登録をすることはできません。

となると、「今まで使っていた電話番号ではない新しい電話番号を使えば再登録ができるのでは?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、電話番号を変更しただけではアカウントの再登録はできないようになっています。

↓こちらの記事では、実際にTinderでアカウントの利用停止になったあとに復活した方法を解説しているので、再登録をしたい方は参考にしてみてください。

関連記事:【Tinder】アカウントの利用停止から実際に復活できた方法を解説。【垢BAN】

Tinderの代わりに使えるマッチングアプリは?

最後に、Tinderが利用停止になってしまった場合に、Tinderの代わりに使えるマッチングアプリを紹介していきます。

バチェラーデートはAIを活用してデートをセッティングしてくれる新しい恋活・婚活アプリです。メッセージのやりとりが面倒だったり、まずは相手とデートしてみたい!という方におすすめです。

ハイスペックなユーザーが多く登録しており、男女ともに週一回のデート保障もあるので、Tinderでは魅力的な相手と出会えなかったという方はぜひ試してみてください。

バチェラーデートの無料会員登録はこちら。

Dine(ダイン)は、メッセージのやり取りなしで異性とすぐに出会える新しいマッチングアプリです。Tinderよりもさらに気軽にデートに行くことができます。

お店選びも予約もアプリ内でできるなど、デートに特化したマッチングアプリになっているのが特徴ですね。ドタキャンをしたユーザーは強制退会させられたりと、信頼できるユーザーしか使えないようになっています。

Dine(ダイン)の無料インストールはこちら!

ゼクシィ縁結びは、リクルートのゼクシィが運営する婚活アプリです。ゼクシィのブランド効果もあり、真面目な交際を求める結婚適齢期のユーザーが多いのが特徴です。

他のマッチングアプリとは違い、女性もマッチング後は課金が必要となっている分、真剣な相手と出会いやすくなっています。

ゼクシィ縁結びの無料インストールはこちら!

まとめ

というわけで今回の記事では、「Tinderで利用停止になってしまうとどうなるの?」という疑問に対して、様々な解説をさせていただきました。

1度アカウントの利用停止になってしまうと、基本的には再登録ができないようになっているので、利用停止になってしまわないように注意してTinderを使っていきましょう。