【Tinder】ブーストを使ってもマッチしない原因は?実体験から解説。

Tinder マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「Tinderで課金してブーストを使ったけれど全然マッチしない・・・!どうして?」

今回はそんなお悩みを解決する記事です!

<Tinderみたいなおすすめアプリ>
Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
popo(ポポ)(ios):男女共に基本無料で使える、アバターで出会えるマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

Tinderでブーストを使っても全然マッチしない・・・。

Tinder

Tinderでは、課金をすることで「ブースト」機能が使えるようになり、一定時間の間異性のスワイプ画面に優先的に表示されるようになります。

ブーストは月額課金ではないため、自分のタイミングで使うことができるので、上手く使えばかなり効果的です。一方で、「課金をしてみたもののうまく効果が出ず全然マッチが出来なかった・・・。」なんて経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、Tinderでブーストをしても全然マッチしない時の原因と対策方法について解説していきます。

ブーストを使ってもマッチしない原因と対策

Tinderでブーストをしても全然マッチしない原因としては、これから紹介する3つが考えられるかと思います。

①ブーストの時間帯が悪い。

まずは、ブーストを使う時間帯が悪いというケースです。例えばですが、平日の昼間や深夜にブーストを使っても、そもそもTinderを使っているユーザーが少ない時間帯なのでマッチしにくいです。

ブーストの時間帯に正解は無いですが、金曜日の夜や週末の昼間~夜などにブーストを使うと十分マッチできる傾向があります。

②プロフィールが魅力的でない。

次に、ブーストを使った際のプロフィールが魅力的でなかったというケースです。ブーストの機能はあくまでプロフィールの露出を増やすというものなので、そもそものプロフィールが魅力的でなければマッチすることは難しいです。

まずはプロフィールの写真や自己紹介を充実させて、他の人とマッチできるようなプロフィールを作成しましょう。Tinderでうまくいかない場合は、ユーザー層の違う他のマッチングアプリを使うのもおすすめです。

③近くにマッチできる相手が居ない。

最後に、近くにマッチできる相手が居ないというケースです。田舎の方に住んでいる場合や、近くの相手をほとんどスワイプし終わってしまった場合などは、ブーストを使ってもなかなかマッチしにくいです。

このような場合は、他のマッチングアプリを併用しつつ、近くのユーザーが新規登録するのを待ちましょう。

Tinderみたいなおすすめマッチングアプリ

というわけで今回の記事では、Tinderでブーストを使ってもマッチしない原因について解説していきました。少しでも参考になれば幸いです。

また、「Tinderを使っているけれど、なかなか魅力的な相手と出会えない…!」という方は、併用して他のマッチングアプリを使ってみるのもオススメです。

バチェラーデートはAIを活用してデートをセッティングしてくれる新しい恋活・婚活アプリです。メッセージのやりとりが面倒だったり、まずは相手とデートしてみたい!という方におすすめです。

ハイスペックなユーザーが多く登録しており、男女ともに週一回のデート保障もあるので、Tinderでは魅力的な相手と出会えなかったという方はぜひ試してみてください。

バチェラーデートの無料会員登録はこちら。

popo(ios)は、アバターの姿で異性とマッチできる新しいマッチングアプリです。

機能としては普通のマッチングアプリと同じような感じですが、顔写真などを載せずにアバターの姿で相手とマッチできるような仕組みになっています。外見に自信がない方にもおすすめです。

Tinder同様、男女共に基本無料で利用できる珍しいアプリなので、まずは気軽にインストールしてみてください。

popo(ios)の無料インストールはこちら!