Tinderで顔出ししたくない!顔出しなしでもマッチできる方法を解説。

Tinder マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「Tinderで顔出しをしたくない・・・!そんな時はどうすればいい?」

今回はそんなお悩みを解決する記事です!

<Tinderみたいなおすすめアプリ>
Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
popo(ポポ)(ios):男女共に基本無料で使える、アバターで出会えるマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

Tinderで顔出しをしたくない・・・!

Tinder

Tinderを使っているけれど、自分の顔写真は載せたくないという方も多いのではないでしょうか。

Tinderは位置情報を使う仕組み上、学校や職場などの知り合いにバレてしまいやすいですし、そうでなくても不特定多数に顔写真は見られたくないという方もいるかとおもいます。

今回の記事では、Tinderで顔出しをしたくない時の対策方法について具体的に解説していきます。

顔出ししたくない時の対策方法

ここからは、Tinderで顔出ししたくない時の対策方法につてい紹介していきます。方法はいくつかあるので、自分に合った方法を試してみてください。

見た目の雰囲気が分かる写真を載せる

まずおすすめなのが、見た目の雰囲気が分かる写真を載せる方法です。
例えばですが、↓こんな感じの写真ですね。

・顔をスタンプで隠した写真
・後姿の写真
・マスクをした写真

また、プロフィールに↓のような記載をしておくとマッチ率が多少上がるかと思います。

・顔写真はマッチした後にお見せします!

マッチして仲良くなった後に顔写真を見せるのであれば、不特定多数の人に顔を見られる心配はありません。

趣味が分かる写真を載せる

次に、自分の趣味や興味が分かるような写真を載せる方法です。自分の見た目が分かるような写真は載せたくない場合はオススメです。

例えばですが、複数人でスポーツをしている写真や、趣味に使う道具の写真、好きなアニメやゲームなどの写真を載せるような感じです。

マッチ率はどうしても低くなりますが、共通の趣味を持っている相手とは十分マッチできる可能性があります。

身バレ防止機能を使う

次に、顔写真は載せた上でTinderの身バレ防止機能を使う方法です。

Tinderでは、月額の課金をすると自分がLIKEした相手にだけプロフィールを見せるような設定にすることが可能になっています。プランはいくつかありますが、一番安価なTinder+のプランでOKです。

もし課金はしたくないという場合は、連絡先ブロックの機能を使うのも手かと思います。相手の電話番号を知っていれば、その相手からは自分のプロフィールが見られないように設定することが可能です。

他のマッチングアプリを使う

最後に、顔写真を載せる必要がない他のマッチングアプリを使うというのも手かと思います。

バチェラーデートはAIを活用してデートをセッティングしてくれる新しい恋活・婚活アプリです。AIがマッチングをしてくれるので顔写真を公開する必要がないのが特徴です。

ハイスペックなユーザーが多く登録しており、男女ともに週一回のデート保障もあるので、他のマッチングアプリでは魅力的な相手と出会えなかったという方はぜひ試してみてください。

バチェラーデートの無料会員登録はこちら。

popo(ios)は、アバターの姿で異性とマッチできる新しいマッチングアプリです。アバターでマッチできるので、顔写真を載せる必要がありません。

他のマッチングアプリとは違い、男女共に基本無料で利用できる珍しいアプリなので、まずは気軽にインストールしてみてください。

popo(ios)の無料インストールはこちら!

まとめ

というわけで今回の記事では、Tinderで顔出しをしたくない方向けに対策方法を解説させていただきました!いろんな方法があるので、自分に合った方法を試してみてください。