【Tinder】「ヤリモクじゃない」とプロフィールに書いてはいけない理由

Tinder マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「Tinderで自分がヤリモクじゃないことをプロフィールには書くべき?書かないべき?

今回は、そんなお悩みを解決する記事です!

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

Tinderでヤリモクと出会わないためには?

Tinder

Tinderは、他のマッチングアプリと比べてヤリモクが多いと言われていますよね・・・。

相手が分かりやすくヤリモクな相手であれば、そもそも左スワイプしたり、通報したりできるのであまり困らないかと思います。ですが、問題は実際に会ってみてからとヤリモクだと分かる面倒くさい相手ですよね・・・。

実際に相手と会う前に目的を見分けておかないと時間の無駄になりかねませんし、場合によっては相手が既婚者だったりもするので、できる限り避けたいところです。

女性の場合は、ヤリモクの男性に騙されてしまわないように、プロフィールに「自分はヤリモクじゃない」ということを書かれている方も多いですよね。男性の場合でも、ヤリモクだと勘違いされないようにプロフィールに記載がある方もいらっしゃいます。

プロフィールにはヤリモクじゃないと書くべき?

プロフィールに「ヤリモクじゃないです!」と書いている女性も多いですが、このようなことを書く事はあまりオススメしません!

なぜなら、プロフィールにヤリモクじゃない事をわざわざ書くということは、「過去にワンナイト的な経験があったんじゃないか・・・?押せば行ける人なのかも・・・!」と男性に思われてしまう可能性があるからからです。

逆にですが、もし男性がプロフィールに「自分はヤリモクじゃないです。」とわざわざ書いてあったら、めちゃくちゃ怪しくないですか・・・?(笑) プロフィールにわざわざ「ヤリモクじゃない」と書くと、逆に疑ってしまうのが人間心理です。

ただ、できるならプロフィール段階でヤリモクな相手を排除したいものですよね。

もし、プロフィールに書くとしたら「ヤリモクだと分かったら通報します。」くらいの内容を書いてしまった方がいいかと思います。そこまで書けば、変な相手は寄って来にくくなります。

ただ、まともな相手からもちょっと避けられてしまう可能性はあるので、その点は注意しておきましょう・・・!

ヤリモクが少ないマッチングアプリ

もし、ヤリモクな相手に騙されたくない場合は、プロフィールを工夫する前に、そもそもTinderではなく他のマッチングアプリを使ったほうが効率的です。

バチェラーデートはAIを活用してデートをセッティングしてくれる新しい恋活・婚活アプリです。メッセージのやりとりが面倒だったり、まずは相手とデートしてみたい!という方におすすめです。

ハイスペックなユーザーが多く登録しており、男女ともに週一回のデート保障もあるので、Tinderでは魅力的な相手と出会えなかったという方はぜひ試してみてください。

バチェラーデートの無料会員登録はこちら。

popo(ios)は、アバターの姿で異性とマッチできる新しいマッチングアプリです。

機能としては普通のマッチングアプリと同じような感じですが、顔写真などを載せずにアバターの姿で相手とマッチできるような仕組みになっています。外見に自信がない方にもおすすめです。

Tinder同様、男女共に基本無料で利用できる珍しいアプリなので、まずは気軽にインストールしてみてください。

popo(ios)の無料インストールはこちら!

ゼクシィ縁結びは、リクルートのゼクシィが運営する婚活アプリです。ゼクシィのブランド効果もあり、真面目な交際を求める結婚適齢期のユーザーが多いのが特徴です。

他のマッチングアプリとは違い、女性もマッチング後は課金が必要となっている分、真剣な相手と出会いやすくなっています。

ゼクシィ縁結びの無料インストールはこちら!

まとめ

というわけで、「Tinderでヤリモクじゃないとプロフィールに書いてはいけない理由」について解説させていただきました。少しでも参考になれば幸いです。