【Tinder】近くの人だけを探してマッチングする方法を解説。

その他

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています。

「Tinderで遠くの人とばっかりマッチしてしまって困っている・・・。」

そんなお悩みを解決する記事です!

<Tinderみたいなおすすめアプリ>
Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
恋庭:男女共に基本無料で使える、アバターで出会えるマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

【今回の記事の要約】

・Tinderで近くの人が表示されないのには原因があるので改善可能。
・身バレせずに、近くの相手とだけマッチングするやりかたも実は可能。
・位置情報を使えるマッチングアプリを併用すれば、より効率的に出会えるように。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

Tinderで近くの人が表示されない原因は?

位置情報を使って、近くの人と出会えるはずのマッチングアプリTinderですが、「何故か近くの人が表示されない・・・。」ということがしばしば起こります。

実際に自分の場合も、何故か海外の人とばかりマッチしたり、他県の人とばかりマッチしてしまうことがありました。そんなに周りに誰もいないはずはないのに・・・。

Tinderで近くの人が表示されない原因としては、大きく2つの可能性が考えられます。

・近くの人が表示されるような設定になっていない。

・近くにスワイプできる相手がいなくなった。

どちらも結構よくあるパターンで、特に初心者の方はこの原因に気づいていなかったりします。
これらの原因ごとに、解決策は変わってきますので、今回はそれぞれの解決方法を紹介していきます。

また、「身バレなどを避けて、近くの人とだけマッチングするようにしたい」というお悩みの解決方法についても紹介していきます。

近くの人が表示されるような設定になっていない。

まずは、そもそも「近くの人が表示されるような設定になっていない。」というパターンです。
「特に設定はいじっていないよ!」という方もいらっしゃるかとは思いますが、いじらなければ逆に距離の少し離れた相手ばかりが表示されてしまいます。

設定を変更するために、まずはTinderの設定画面を開きましょう。

こちらの画面の中から、まず位置(私の現在の位置)が間違った情報になっていないか確認をしましょう。もしここの位置がおかしかった場合は、スマートフォンの位置情報のON・OFFを切り替えたり、アプリやスマートフォンを再起動してみましょう。

次に、グローバルモードの設定がOFFになっているか確認しましょう。
ここがONになっていると、海外のユーザーとまでマッチングしてしまうことになります。

そして最後に、最長距離を自分の希望する距離までに設定しましょう。
1kmだと本当に近所のユーザーしか表示されないので、5kmから10km程度の距離を設定しておくことをおすすめします。

これらの設定ができたら、基本的な設定は完了です!
今まで表示されていたような、距離の離れたユーザーは表示されなくなるかとおもいます。

(一部、相手から先にイイネをもらった時だけ、最長距離を超えた相手でもスワイプ画面に表示されることがあります。)

1度この設定にしてみて、「スワイプできる相手がいなくなった・・・。」という場合は、次の「近くにスワイプできる相手がいなくなった」ときの対策方法についての記載を読んで頂ければと思います。

基本的には、少しずつ距離を遠くして相手が出てくるか試せばOKですが、それ以外の対策方法もあります。

おまけ:身バレせずに、近くの人とだけマッチングする方法

スワイプ画面に出てくる相手を近くのユーザーだけにしたとしても、自分のプロフィールは遠くのユーザーからも見られてしまいます。

もし、「身バレをしたくないので、本当に近くの人とだけしかプロフィールを見せたくない。」という場合は、プロフィールの表示設定を変更する必要があります。

こちらの設定画面で、表示設定を「標準」から、「Likeした人のみにプロフィールを表示」に変更しましょう。そうすれば、実際に自分がLikeをした相手からのみプロフィールが表示されるようになるので、距離の離れた相手からプロフィールを見られてしまうことはなくなります。

ただし、この設定を変更するためにはTinder Plusへの課金が必要です。プランによって金額は変わるのですが、月1000円~2000円程度でこの機能が使えるようになります。

近くにスワイプする相手がいなくなった。

次に、設定を変えてみたけれど、近くにスワイプする相手がいなくなってしまって誰ともマッチングできないという場合の対策方法について紹介していきます。もちろんマッチできる相手の距離を少しずつ広くしていけば大きな問題はないですが、「どうしても近くの相手ともっとマッチしたい!」という方は参考にしてみてください。

このような場合の対策方法は、大きく2つあります。

Tinderのアカウントを再登録する。

まず1つ目の対策方法は、Tinderのアカウントを再登録することです。ゲームアプリでのリセマラみたいなものですね。

Tinderのアカウントを再登録することで、再びすべてのユーザーをスワイプしていくことができます。もちろん、前と同じプロフィールで登録すると、同じような人としかマッチできないので、プロフィールを一度変えて再登録することをおすすめします。

このやり方を繰り返していけば、短期間で近くにいるユーザーとどんどんマッチしていくことも可能です。ただし、やりすぎるとなんらかのペナルティを受ける可能性もあるので、ご注意ください。

他のマッチングアプリを併用する。

次に、他のマッチングアプリを併用する方法です。Tinderでは日々新規ユーザーが増えていきますので、ユーザーが増えていくのを待つ間、他のマッチングアプリを使えば効率的にご近所の相手と出会うことができます。

このときの注意点として、位置情報を使ってマッチングできるマッチングアプリを使うように注意しましょう。マッチングアプリによっては、Tinderのように位置情報を使って近くにいる人を探すような機能がなかったりします。

実は、Pairs(ペアーズ)にも位置情報を使ったマッチング機能があります。ユーザーの検索画面で、位置情報を使って相手を絞り込むことができるので、近くにいるユーザーだけに絞ってアプローチすることも可能です。真面目な恋活・婚活ユーザーが多いため、Tinderではなかなか出会えなかった方でも出会いやすいおすすめのマッチングアプリです。

Pairs(ペアーズ)の無料会員登録はこちら。

まとめ

というわけで今回は、Tinderで近くのユーザーとだけマッチングする方法を解説させていただきました。住んでいる場所によっては、Tinderだけだとどうしても近くにいるユーザーが限られていたりするので、他のマッチングアプリも併用してみることをおすすめします。