【Tinder】自分が課金しているか確認する方法(iPhone,Android)

その他

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

Tinderで、自分が今課金しているかどうかを確認するにはどうすればいいの?」

今回は、そんなお悩みを解決する記事です!

<Tinderみたいなおすすめアプリ>
Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
popo(ポポ)(ios):男女共に基本無料で使える、アバターで出会えるマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

Tinderで自分が課金しているかどうかを確認するには?

マッチングアプリのTinderでは、TinderGoldやTinderplatinumなどの月額課金プランがあり、契約後は自動的に契約が更新されるようになっています。

そのため、一度課金をしたあとは、課金をどこかでストップしない限りは毎月料金を支払う必要がでてきます。もし、課金をしたまま忘れてしまうと大変なことになりかねないですよね・・・。

今回は、Tinderで自分が課金しているかどうかを確認する方法について解説していきます。

また、恋庭というマッチングアプリではTinder同様に男女共に基本無料でメッセージのやりとりも可能となっています。

ゲーム感覚で異性とマッチングできる新しいマッチングアプリなので、興味がある方はぜひインストールしてみてください!

恋庭の無料インストールはこちら!

Androidでの確認方法

Androidでは、GooglePlayのアプリから課金状態を確認することができます。

・GooglePlayのアプリを起動。
・自分のアイコンを選択。
・表示されるメニューの中から、お支払いと定期購入を選択。
・その中から、定期購入を選択。
・有効となっているアプリにTinderがあれば、課金中となります。

↓実際の自分の画面がこんな感じです。AbemaTVには課金中ですが、他のアプリは課金をストップしています。

iphoneでの確認方法

iphoneでの確認方法についても、Androidと似たような感じです。

・まずiphoneの設定画面を開きます。
・自分の名前をタップして「購読」を選択します。
・ここで、購読中のアプリとしてTinderがあれば、課金中となります。

(iPhoneについては端末をもっておらず、スクショを割愛させていただきます・・・!)

まとめ

というわけで、今回の記事ではTinderで自分が課金しているかどうかを確認する方法について解説させていただきました。課金は毎月発生しますので、注意して管理しておきましょう。

また、Tinderは無料で使えるマッチングアプリなので、課金をするなら他のマッチングアプリを併用したほうが効率的だったりもします。

バチェラーデートはAIを活用してデートをセッティングしてくれる新しい恋活・婚活アプリです。メッセージのやりとりが面倒だったり、まずは相手とデートしてみたい!という方におすすめです。

ハイスペックなユーザーが多く登録しており、男女ともに週一回のデート保障もあるので、Tinderでは魅力的な相手と出会えなかったという方はぜひ試してみてください。

バチェラーデートの無料会員登録はこちら。

popo(ios)は、アバターの姿で異性とマッチできる新しいマッチングアプリです。

機能としては普通のマッチングアプリと同じような感じですが、顔写真などを載せずにアバターの姿で相手とマッチできるような仕組みになっています。外見に自信がない方にもおすすめです。

Tinder同様、男女共に基本無料で利用できる珍しいアプリなので、まずは気軽にインストールしてみてください。

popo(ios)の無料インストールはこちら!

ゼクシィ縁結びは、リクルートのゼクシィが運営する婚活アプリです。ゼクシィのブランド効果もあり、真面目な交際を求める結婚適齢期のユーザーが多いのが特徴です。

他のマッチングアプリとは違い、女性もマッチング後は課金が必要となっている分、真剣な相手と出会いやすくなっています。

ゼクシィ縁結びの無料インストールはこちら!