【Tinder】男同士で出会うには?実際に出会うまでの流れを解説!

Tinder マッチングアプリ

はじめまして!「恋活アンテナ」編集部です。
恋活やマッチングアプリに関する記事・レポを更新しています!

「Tinderは男同士でも出会える?男同士で出会う方法を知りたい・・・!」

今回はそんなお悩みを解決する記事です!

<Tinderみたいなおすすめアプリ>
Dine(ダイン):マッチ後すぐデートできるマッチングアプリ。ライバルが少ないので狙い目。
popo(ポポ)(ios):男女共に基本無料で使える、アバターで出会えるマッチングアプリ。
Pairs(ペアーズ):位置情報で10km以内の相手も探せる。無料で使える機能も充実。

<位置情報で身近な異性と出会うならペアーズ!>

Tinderは男同士で出会える?

Tinder

Tinderでは、他の多くのマッチングアプリとは違い、異性だけでなく同性の相手ともマッチして出会えるような仕組みとなっています。そのため、恋人探しにはもちろん、友達探しにも使えますし、LGBTの方でも使えるというわけですね。

Tinderで男同士で出会う流れとしては↓こんな感じです。難しい設定などはなく、簡単に相手を探すことが可能です。

①男性として登録する。
②プロフィールに男性と出会いたい旨を書いておく。
③設定画面でマッチしたい相手を同性にする。

④気になる相手を右スワイプしてマッチする。
⑤やり取りを続けて、実際に会う約束をする。

また、Tinderでは性的指向というものの設定ができるようになっており、LGBT等の性的指向をプロフィールに表記できるようになっています。男同士で出会いたい方は、こちらの属性を設定しておいた方がお互いの考えを理解しやすくなるので、異性愛(ストレート)の方も含めて設定しておくことをオススメします。

性的指向の詳細については↓こちらの記事で解説しています!

関連記事:【Tinder】性的指向とは?それぞれの意味を解説。

男同士で出会えるマッチングアプリ

Tinderを使えば、男同士で出会うことも可能ですが、実際男同士で会おうとしてくれる相手は地域にもよりますがそこまで多くはいないかと思います。あと、同性の相手を探している相手はネットワークビジネスの勧誘目的の方も多いので注意が必要ですね。

Tinderにいるネットワークビジネスの勧誘目的のユーザーについては、↓こちらの記事で特徴や見分け方を解説しています。

関連記事:Tinderでマルチ・ネットワークビジネスに騙された話。社会人サークルやスポーツの誘いは怪しい。

効率よく男同士で出会うためには、Tinder以外にも併用して他のマッチングアプリを使ってみるのもオススメです。これから紹介するマッチングアプリでは、異性はもちろん、同性の相手も探して出会えるような仕様になっています。

Dine(ダイン)は、メッセージのやり取りなしですぐに出会えるマッチングアプリです。マッチ後すぐ出会えるので、Tinderよりも気軽に出会えるのが魅力ですね。

Dineでは、異性はもちろん同性の相手ともマッチできるようになっています。男友達を作ってすぐ会ってみたい方や、LGBTの方にはオススメなアプリですね。

Dineの無料インストールはこちら!

マッチ・ドットコムは、世界最大級のマッチングサービスです。

海外で人気のマッチングサービスということあり、LGBTのユーザーでも使いやすいようにサービスが設計されています。アカウントを登録する際は、↓こんな感じで自分の性別と相手の性別を選べるようになっています。

ユーザー層としてはTinderよりも真面目な恋活・婚活ユーザーが多く、男同士で真剣に出会いたい方にはオススメなマッチングアプリです。

マッチ・ドットコムの無料インストールはこちら!

まとめ

というわけで今回の記事では、Tinderで男同士で出会う場合の流れについて解説していきました。ぜひTinderをうまく活用して、男同士で出会ってみてください!